• ホーム
  • 芸能
  • お嬢様女子大生・秋本鈴果、恥じらいながら初水着グラビアに挑戦

お嬢様女子大生・秋本鈴果、恥じらいながら初水着グラビアに挑戦

 2015年の「GirlsAwardオーディションGirlsAward賞」を受賞し、芸能界デビューした秋本鈴果(あきもとりんか・18)が、8日発売の『週刊プレイボーイ』21号(集英社)に登場。緊張しながらも初水着姿をさわやかに披露した。

 女子高生の頃に参加した「GirlsAwardオーディション」で見事に受賞した秋本は、今年の春に女子大生になり、将来女優になりたいという夢のために水着グラビアに初挑戦。東京の某高級住宅街で生まれ育ったという“お嬢様感”を漂わせながら、身長163・バスト75・ウエスト55・ヒップ82センチのスレンダーボディを解禁している。

 秋本は7月5日から上演の舞台『君が残した白いひまわり』への出演が決定するなど、今後の活躍が期待される。

 同号にはそのほか、グラビアアイドルのRaMu(19)、元AKB48でモデルの永尾まりや(23)、タレントの中牟田明かり(24)などが登場。表紙はアイドルグループ・まねきケチャの松下玲緒菜(18)が初水着で飾っている。



関連写真

  • 初々しいグラビアを披露した秋本鈴果(C)熊谷貫/週刊プレイボーイ
  • 『週刊プレイボーイ』21号の表紙を飾るまねきケチャの松下玲緒菜(集英社)

オリコントピックス