• ホーム
  • 芸能
  • 木村拓哉と二宮和也が映画初共演 18年公開『検察側の罪人』

木村拓哉と二宮和也が映画初共演 18年公開『検察側の罪人』

 元SMAP木村拓哉(44)が、来年公開の映画『検察側の罪人』に主演し、二宮和也(33)と初共演することが2日、わかった。元SMAPメンバーと嵐の芝居共演は初となり、日本が誇る2大トップスターによる“夢競演”が実現する。

 同作は、『犯人に告ぐ』などで知られる雫井脩介氏(48)の同名小説が原作。主人公のエリート検事・最上(木村)と、彼を師と仰ぐ若手検事・沖野(二宮)がある殺人事件の担当になるが、沖野が最上の捜査に疑問を持ち始め、次第に対立していく骨太なサスペンスとなる。

 監督には日本アカデミー賞優秀監督賞受賞作品『日本のいちばん長い日』、『駆込み女と駆出し男』、そして『関ヶ原』の公開を控える原田眞人監督(67)。木村は「原田監督作品に参加出来る事に、とても興奮しています。二宮、ほかキャストの皆さんと撮影現場を思い切り楽しみたいと思います」と気合十分。

 二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と心境を明かし「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と意気込む。

 また、2人の初共演を鮮やかに牽引する原田監督は「2人の対決も見せ場。クセのある脇役をずらっと並べて2人にぶつけるのも見せ場。犯罪を通して見えて来る人間性のパズルの、ど真ん中のピースを2人が生きてくれるわけで、リハーサルがとても愉しみです。おそらく、怒鳴り声の響かない、監督いつもニコニコの現場になると思います」とコメントを寄せている。



オリコントピックス