• ホーム
  • 映画
  • 岡田准一主演『関ヶ原』 大迫力の合戦シーン公開

岡田准一主演『関ヶ原』 大迫力の合戦シーン公開

 人気グループ・V6岡田准一が主演する映画『関ヶ原』(8月26日公開)の予告編が4日、解禁された。岡田演じる石田三成が率いる西軍と、役所広司演じる徳川家康が率いる東軍の迫力ある合戦シーンや、忍びを演じる有村架純のアクションシーンが初お披露目された。

 原作は、司馬遼太郎氏の同名小説。『日本のいちばん長い日』の原田眞人監督がメガホンをとり、誰もが知る「関ヶ原の戦い」の誰も知らない“真実”を描く。岡田、役所のほか、本格時代劇初挑戦の有村が三成に仕える伊賀の忍び・初芽に扮する。

 「義を貫く者に心惹かれます」の言葉通り、豊臣家への忠義を貫き西軍を率いた三成と、天下取りの野望を抱き「三成にはつくづく腹がたつ!」と声を荒げ西軍討伐に意欲を燃やす東軍を率いた家康。日本の歴史を大きく変えた天下分け目の戦いは、徳川家康の「全軍出撃!」の号令と共に、名だたる大名たちが、「西軍」(約10万人)と、「東軍」(約7万人)に分かれ、関ヶ原の地で激突する。

 戦いの裏で繰り広げられる個性豊かな武将たちによるさまざまな策略と、図らずもその策略に巻き込まれていく者たち。騎馬隊や鉄砲隊が入り乱れる戦火の中で、「勝機は我にあり!」と兵士たちを鼓舞し戦い続ける三成がこの戦いに懸けた想いとは。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画『関ヶ原』の予告編が公開。有村架純のアクションシーンもお披露目された (C)2017「関ヶ原」製作委員会
  • 徳川家康を演じる役所広司(C)2017「関ヶ原」製作委員会
  • 映画『関ヶ原』 (C)2017「関ヶ原」製作委員会

オリコントピックス