• ホーム
  • 芸能
  • 岡田准一、映画界巨匠とのタッグに喜び「おじいちゃん、元気だよ」

岡田准一、映画界巨匠とのタッグに喜び「おじいちゃん、元気だよ」

 人気グループ・V6岡田准一(36)が6日、都内で行われた映画『追憶』公開初日舞台あいさつに登壇した。同作は降旗康男監督(82)がメガホンを取り、木村大作氏(77)が撮影を担当。映画界を代表する巨匠とのタッグに「70〜80代という大先輩のレジェンドの方たちとの仕事で、たくさんのことを学びました。言い方は大変失礼ですが『おじいちゃん、元気だよ』ってことを感じました」と笑顔でぶっちゃけた。

【写真】その他の写真を見る


 共演者の安藤サクラ(31)も続けて「降旗監督と木村大作さんは歴史の中の存在だったので、自分が一緒に並んで初日を迎えているというのは、とっても不思議な感覚です」としみじみ。2人の言葉を温かい目で見守る降旗監督に対し、木村氏は「おじいさんではありません。映画の世界に入って、今年でちょうど60年目です」と現役をアピールした。

 岡田らキャスト陣は、レジェンド2人を労うべく、おそろいの帽子と花束をプレゼント。木村氏は「今時の若い人たちもこんな帽子をかぶっているけど、それよりは似合っているよね」とご満悦、降旗監督も「ありがとうございます」と感謝した。岡田は「大先輩と一緒に、こうしてここに立てるっていうことは本当に幸せだなって思います」と喜びをかみしめ「これからも何本も映画を撮ってください」と締めくくった。

 同作は、幼少期をともに過ごした少年たちが、25年の時を経て刑事(岡田)、容疑者(小栗旬)、被害者(柄本佑)という関係性で再会を果たし、事件の真相や封印してきた過去と対峙していくミステリードラマ。舞台あいさつにはそのほか、柄本佑(30)も登壇した。



関連写真

  • 映画『追憶』公開初日舞台あいさつに登壇した(左から)柄本佑、木村大作氏、降旗康男監督、安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『追憶』公開初日を迎えた降旗康男監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『追憶』公開初日を迎えたカメラマンの木村大作氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『追憶』公開初日舞台あいさつに登壇した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『追憶』公開初日舞台あいさつに登壇した柄本佑 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス