• ホーム
  • 映画
  • 藤原竜也、撮影中NG一度もなし 新たな“クズ”殺人犯を熱演

藤原竜也、撮影中NG一度もなし 新たな“クズ”殺人犯を熱演

 俳優の藤原竜也伊藤英明がW主演する映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』(6月10日公開)の本編映像が2日、解禁された。美しき殺人犯を演じた藤原が、ある事件の真相を語る記者会見のシーン。緊迫感あふれる場面だが、このシーン以外にも藤原は撮影中に一切NGを出さず熱演した。

 入江悠監督がメガホンをとった同作は、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人・曾根崎(藤原)が、殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。曾根崎を追う刑事を伊藤が演じるほか、夏帆野村周平石橋杏奈竜星涼早乙女太一らが出演する。

 公開された映像は、フラッシュを浴びながら登場した曾根崎が、22 年前に起きた連続殺人事件についてゆっくり語るところから始まる。「1995年。記念すべき5つの連続殺人事件を終えたばかりの私は苛立っていた。無能で愚鈍な警察は、私の元へ一向に辿りつく気配がない。幼稚な推理と見当違いな憶測を垂れ流すマスコミも事件の真相を伝えることはない」と、自分を捕まえられなかった警察やマスコミを挑発する。美しき殺人犯の登場に日本中から一気に世間の注目を集めるが、曾根崎の目的とは…。

 記者会見のシーンは、曾根崎が初めて公の場に登場する重要な場面となり、入江監督は藤原本人がリアルな殺人犯かつ、リアルな記者会見に見えるよう、カメラ位置や照明など徹底的にこだわり撮影が進められた。そんな緊迫感漂う現場でも藤原はNGを一度も出さず、自身が挑む新たな“クズ”曾根崎になりきっていたという。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス