• ホーム
  • 芸能
  • 松岡茉優、錦戸亮の妻役に起用 脚本は『べっぴんさん』渡辺千穂氏

松岡茉優、錦戸亮の妻役に起用 脚本は『べっぴんさん』渡辺千穂氏

 女優の松岡茉優が、7月スタートの関ジャニ∞錦戸亮主演日本テレビ系連続ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(毎週土曜 後10:00)に出演することが、わかった。松岡は錦戸演じる主人公・小林司の妻で沙也加に起用され、タイトルどおり“仕事ができない”夫と二人三脚で仕事を頑張る妊娠中のヒロインを演じる。

 同ドラマは沙也加が見た目よし、学歴よし、収入よしの“理想の夫”だったはずの司が、実は職場で足引っ張りまくりのお荷物社員だったことを知ることから始まる。一方、司は『できる夫』と信じ込んでいる妻に、お荷物社員ぶりを知られてはならないと悩んでいた。「会社辞めたい」と限界を感じていた矢先、妻の妊娠が発覚。一家の大黒柱として、会社を辞めるわけにはいかなくなった司と妻のお仕事ホームコメディとなっている。

 脚本を手がけるのはNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』の渡辺千穂氏。元日テレアナウンサーの羽鳥慎一さんと結婚し、最近出産したばかりとあって、新婚ならではの夫を思いやる気持ち&妊婦経験はリアリティーあるエピソードはもちろん、男性ならではの「生きづらさ」と戦う主人公を繊細に描き出す。

 渡辺氏は「愛らしくて初々しい夫と妻の二人にワクワクしています。理想と現実の間で、泣いたり笑ったりしながらも幸せに向かい、どんな日々を過ごしてどんな夫婦になってゆくのか。私もとても楽しみです」と期待を寄せている。

 バリバリ働いていると思った夫が、実は仕事ができないとわかった時、妻は頑張っている夫の姿に胸キュンして、前よりもっと好きになる…そんな「かわいそうでかわいい私の夫」のイメージに当てはまる人物を探していたという小田玲奈プロデューサーは「錦戸さんをテレビで見て、『いたーーー!』と吠えました。困った顔からクシャッと笑う、憂いと癒しを兼ね備えた錦戸さんはまさに夫・司そのものです」と太鼓判。

 「そんな夫を支える妻は松岡茉優さん。若いのにしっかりしていて、でもそれがちっとも嫌味じゃないチャーミングな松岡さんもまた思い描いていた妻・沙也加にぴったり!」と自信をみせ「この二人で、みんなが応援したくなる“かわいい夫婦”を描きます。どうぞお楽しみに!」と呼びかけている。



オリコントピックス