• ホーム
  • 芸能
  • 『nicola』モデル・南沙良、女優デビュー 映画『幼な子われらに生まれ』異例抜てき

『nicola』モデル・南沙良、女優デビュー 映画『幼な子われらに生まれ』異例抜てき

 ファッション誌『nicola(ニコラ)』専属モデルの南沙良(14)が、浅野忠信田中麗奈共演の映画『幼な子われらに生まれ』(8月26日公開)で女優デビューを飾ることが1日、明らかになった。浅野と田中の娘役という作中のキーパーソンを演じる。

【写真】その他の写真を見る


 南は2014年に芸能界入り。『第18回「nicola」モデルオーディション』のグランプをきっかけに同誌専属モデルに加入。今回が初の芝居オーディションだったが、監督、スタッフらによる5回にも及ぶ審査を見事突破し、異例の抜てきを勝ち獲った。

 映画は、直木賞作家・重松清氏の小説を原作に、44歳の主人公・信(まこと)を中心とし、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれくる命をめぐって不器用な大人たちが成長していくヒューマンドラマ。南は、浅野演じる信の2度目の妻・奈苗(田中)の長女・薫役で、“連れ子”という複雑な境遇を演じることとなる。

 三島有紀子監督は、薫という役について「作品にとってキーになる役で、確信の持てる役者さんが見つかるまで撮影には入らないと決めていた」と明かす。そんな中オーディションで出会った南を「イマジネーションと反応力は役者さんに求められることの要素だと思うのですが、いきなりここまで出来る人はなかなかいません」と評すとともに、「誤解を恐れず表現するなら、ずっと探していた“イマジネーションに溢れた知的で危険な動物”を『見つけた』と思いました」と絶大な期待を寄せている。

 南自身は初の映画撮影を経験し「本当に右も左も分からない状態だったのですが、そんな中で皆さんが支えてくださったりアドバイスをくださったりして、すごく恵まれているなと思いました」と感謝。浅野・田中との共演を「お芝居を間近で見ることができて、とても刺激をもらうことができました」と初々しく振り返った。



関連写真

  • モデル・南沙良が映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビュー
  • 映画『幼な子われらに生まれ』に出演する南沙良(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 映画『幼な子われらに生まれ』に出演する南沙良(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 映画『幼な子われらに生まれ』に出演する南沙良 (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

オリコントピックス