• ホーム
  • 芸能
  • 高畑淳子、息子を溺愛する義母役 ドラマ『屋根裏の恋人』追加キャスト発表

高畑淳子、息子を溺愛する義母役 ドラマ『屋根裏の恋人』追加キャスト発表

 女優の高畑淳子(62)が、6月3日スタートの石田ひかり(44)主演ドラマ『屋根裏の恋人』(毎週土曜 後11:40※全8話)に出演することが明らかになった。石田演じる主人公・西條衣香の義母で、血のつながらない息子を溺愛するベリーダンス講師・千鶴子を演じる。また、千鶴子の義理の息子で衣香の夫・誠に勝村政信(53)、衣香の親友・菅沼杏子に三浦理恵子(43)、衣香の高校2年の娘・帆花に大友花恋(17)らの出演が決定した。

 同作は『リング』『仄暗い水の底から』で知られるホラーの名手・中田秀夫氏が監督をつとめ、海外で実際にあった事件をもとに描かれる。夫・誠の父が遺した一軒家に移り住んできた衣香ら一家。絵に描いたようなセレブ生活に胸を躍らせる衣香だったが、引っ越しパーティーの日、18年前に別れた恋人・瀬野(今井翼)が現れ屋根裏に住み着くようになる。瀬野を追い返そうとする衣香だったが、いつの間にか彼は姿を消す。その夜から西條家では、冷蔵庫の食料が減ったり、夫の洗濯物がなくなるなど不思議なことが起き始め…。

 高畑は義理の息子を溺愛し、名声のためにはなりふり構わず「何かを企んでいる」役どころ。中田監督に「この作品の世界観が見えた」と言わしめるほどの“怪演”を見せているが、高畑自身は千鶴子という人物を「ひと言で言えばとても濃い人です」と紹介。ベリーダンス講師という顔ももつが「お庭でホームパーティーをしながら皆の前でベリーダンスを踊る感覚の人。しかも衣装はお腹が出ていて…そもそも千鶴子の歳で肌を出す感覚があるということ自体が…、ねえ。普通隠すでしょう? って(笑)」と何やらひとクセありそうなキャラクターであることを示唆した。

 中田監督との仕事については「映画『リング』の貞子が大好きで、その監督でいらした中田監督が今回監督をなさるというのがとても楽しみです」と心境を明かす。「私も素材の一つとして作品に飛び込もうとする気持ちが日に日に強くなっています。千鶴子自身にもいろいろと伏線があるようなので、そのあたりも楽しみです」とやる気をにじませた。

 一方、主演の石田は高畑について「一度2時間ドラマでご一緒したことがあり、その時にとても元気で明るく、本当に楽しい方という印象でした」と語り、「衣装合わせの時に高畑さんが着られるベリーダンスの衣装を拝見しましたが、あれを着て踊られるのかと思うと華やかな高畑さんのお姿が早くも楽しみです」と心待ちにしている様子だ。



オリコントピックス