• ホーム
  • 芸能
  • 何度も映像化されてきた「赤毛のアン」の決定版が登場 『アンという名の少女』

何度も映像化されてきた「赤毛のアン」の決定版が登場 『アンという名の少女』

 時代を超え、国を超えて愛され続けているL・M・モンゴメリの不朽の名作小説『赤毛のアン』を原作にした新たなドラマシリーズ『アンという名の少女』が、オンラインストリーミングサービス「Netflix」で5月12日より世界同時に配信開始となる。

 日本で「赤毛のアン」といえば、1979年に「世界名作劇場」で放送された高畑勲監督によるテレビアニメ版の人気が根強い。ミュージカル版も長く上演されている。原作の日本語翻訳者である村岡花子の半生を原案にした連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)が話題になったことも記憶に新しい。

 実写の新作映画『赤毛のアン』(5月6日公開)が控えているように、たびたび映像化・舞台化されきた中でも、特に人気があるのは、舞台であるカナダのテレビ局CBCが1985年に製作したミーガン・フォローズ主演によるシリーズ作品。カナダのテレビシリーズとして最も成功した作品となり、日本でも実写作品ならこのシリーズが一番という熱いファンも多い作品だ。

 そのCBCが満を持して新たに「赤毛のアン」の映像化に挑んだのが本作『アンという名の少女』。Netflixとの共同製作によって全8話のオリジナルドラマシリーズとして独占配信される。

 アン役は1800人以上の中から抜てきされた、14歳のカナダ人女優エイミーベス・マクナルティ。原作で描かれているやせっぽちでソバカスだらけの頬、赤毛のおさげ、空想好きでおしゃべりな女の子という設定にぴったりで、まるで原作から抜け出してきたような、逸材だ。

 脚本は、人気ドラマ『ブレイキング・バッド』の脚本家モイラ・ウォリー=ベケット氏が担当。アン役のエイミーベスについて「彼女はアンと同じ資質を持った、すばらしくて感受性豊かな女優です。彼女の痛みと喜びを伝える能力には驚かされます。エイミーベスこそ、新世代のアンです」と太鼓判を押す。

 第1話は2時間スペシャルとなり、映画『クジラの島の少女』でサンダンス映画祭観客賞を受賞したニキ・カーロが監督を務めることや、シリーズを通してメインスタッフが全て女性という点も注目を浴びている。

 予告編では、美しいプリンスエドワード島の景色とともに、アンを引き取るマシューとマリラ、そして“腹心の友”ダイアナや、アンにとって運命の人となるギルバートら、おなじみのキャラクターの姿も確認でき、いずれも原作イメージに忠実なキャスティング。何度も映像化されてきた「赤毛のアン」の新たな決定版になりそうな期待大だ。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • カナダCBCとNetflixが共同製作するオリジナルドラマ『アンという名の少女』5月12日より配信開始
  • アンそのもの、のようなカナダ人女優エイミーベス・マクナルティ
  • キャスティングもクオリティーもファン納得の完全版ドラマとなりそう

オリコントピックス