• ホーム
  • 芸能
  • 野崎萌香、『CRISIS』で小栗の“天使”に「2人を見守って」

野崎萌香、『CRISIS』で小栗の“天使”に「2人を見守って」

 モデルで女優の野崎萌香が、関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜 後9:00)第4話(5月2日放送)から出演することがわかった。野崎は主人公・稲見朗(小栗旬)が行きつけのバー『BAR40886』で出会う大学職員・松永芳(まつながはな)を演じる。

 ある事情で、カウンターテーブルに突っ伏すほど落ち込んでいる松永を見かけた稲見が、声をかけたことがきっかけで知り合う2人。これまでバーで出会った女性客と刹那的な恋愛を繰り返してきた稲見。かつて自衛隊時代に心に深い傷を負い、特捜班でも葛藤を抱えながら任務にあたる彼にとって、松永は深い苦悩を和らげる“天使”のような存在になっていく…。

 野崎は「昔から小栗さんのお芝居を舞台で見るのが好きで劇場に通っていた」といい、憧れの存在との共演に「夢のようでした」と興奮。「緊張している私に、『緊張しなくていいんだよ、失敗したっていいんだからさ』と、緊張をほぐすような言葉をかけてくださって、すごく気が楽になりました」と心遣いに感激した。

 過激なアクションシーンが話題となる一方、密会を重ねる田丸と人妻・林千種(石田ゆり子)の大人の関係も描かれており、松永の登場で恋愛要素でもさらなる盛り上がりが期待される。「緊張感で張り詰めたシーンが続く中、稲見のプライベートな柔らかい表情が唯一見られるシーンに一緒にいれた事をうれしく思います。ご覧になる皆さんにも稲見と松永のシーンは、束の間の息つく場面だと思います。心穏やかに2人を見守ってくださるとうれしいです」と呼びかけている。



関連写真

  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第4話(5月2日放送)から出演する野崎萌香(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第4話(5月2日放送)より。主人公・稲見朗(小栗旬)は行きつけのバー「BAR40886」で大学職員・松永芳(野崎萌香)と出会う(C)関西テレビ

オリコントピックス