• ホーム
  • 芸能
  • 三池崇史監督、キムタクに見とれて「足を骨折…」 撮影秘話に海老蔵驚く

三池崇史監督、キムタクに見とれて「足を骨折…」 撮影秘話に海老蔵驚く

 元SMAPの木村拓哉三池崇史監督が29日、都内で行われた映画『無限の住人』の初日舞台あいさつに出席。「メンバーの中で“不死身”だと思う人は?」と、主人公にちなんだ話題で、歌舞伎俳優の市川海老蔵から名前を挙げられた三池監督は、「(撮影中)立ってるだけで足の骨が折れちゃった」と仰天エピソードで会場を驚かせた。

【写真】その他の写真を見る


 これには海老蔵も「あのうわさは本当だったんですね?」と目を丸くした。続けて三池監督は「(木村が)斜面で立ち回りをしていて、『すごいな〜。さすが、木村拓哉だな〜』と思ってたらツルッと滑ってボキって折っちゃった。びっくりしました」と苦笑いで明かしていた。

 同作は不死身の剣士・万次(木村)と、復讐のために彼を用心棒として雇った少女・凜(杉咲花)が、壮絶な戦いに身を投じる姿を描くアクション大作。キャストを代表して主演の木村は「きょうをもって『無限の住人』は客席の皆さんのモノになりますので、どうかかわいがってやってください」と呼びかけた。

 舞台あいさつにはそのほか、杉咲花、福士蒼汰市原隼人戸田恵梨香満島真之介、が出席した。



関連写真

  • 映画『無限の住人』初日舞台あいさつに登壇した三池崇史監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに登壇した(左から)三池崇史監督、市川海老蔵、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、満島真之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 杉咲花(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『無限の住人』初日舞台あいさつに登壇した福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『無限の住人』初日舞台あいさつに登壇した市原隼人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『無限の住人』初日舞台あいさつに登壇した戸田恵梨香 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『無限の住人』初日舞台あいさつに登壇した市原隼人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『無限の住人』初日舞台あいさつに登壇した市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス