• ホーム
  • 芸能
  • WOWOW、子役の違法長時間撮影に防止策発表

WOWOW、子役の違法長時間撮影に防止策発表

 WOWOWは28日、ドラマ『東京すみっこごはん』で6歳女児の子役に対し深夜にまで及ぶ長時間の撮影を行っていた問題に対し、企業の公式サイト上で防止策を発表した。

 同社は冒頭、「WOWOW連続ドラマW番組制作時に発生した問題により、視聴者の皆様をはじめ、関係者の皆様の信頼を損ない、また多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを、心から深くお詫び申し上げます」と改めて謝罪。問題発生の原因として、同社のプロデューサーおよび製作会社の撮影現場における安全やコンプライアンスを優先する意識の欠落によるものであったと総括した。

 その上で、再発防止のために2つの対策を発表。1つは「番組制作プロセスにおける厳守項目の明確化」。1. 安全確保、2. 過重労働の防止、3. 15歳以下の「子役」について出演時間を午前5時〜午後8時までとし、精神的にも圧迫や不安を与えないよう十分配慮する、とした。

 もう1点には「管理・教育体制の改善・強化」を挙げ、コンプライアンス意識を徹底させるために「『WOWOW番組制作ガイドライン』の策定と共有」や教育体制の構築など、制作現場の意識改革を急ぐ方針を示した。

 同ドラマをめぐっては、1月に撮影で6歳の子役を明け方まで働かせたことが3月1日の「文春オンライン」で報じられ、同9日には5月放送予定だったドラマの放送取りやめが発表されていた。



オリコントピックス