• ホーム
  • 映画
  • 蒼井優、阿部サダヲら登場人物が“全員最低” 『彼女がその名を知らない鳥たち』特報

蒼井優、阿部サダヲら登場人物が“全員最低” 『彼女がその名を知らない鳥たち』特報

 女優の蒼井優、俳優の阿部サダヲがW主演する映画『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)の特報が28日、解禁された。蒼井、阿部をはじめ、共演の松坂桃李竹野内豊ら登場人物たちの卑しく最低な一面がまざまざと映し出される。

 同作は、沼田まほかる氏のミステリー小説を『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が映画化。8年前に別れた黒崎を忘れられない、クレーマー気質で自分勝手な十和子(蒼井)は、15歳年上の男・陣治と同棲中。地位もお金もない陣治を嫌悪していたが、黒崎が失踪したと聞いて…。

 解禁された特報は、仕事もせず飲食店に入りびたり電話で無茶な難癖をつけ続ける嫌な女・十和子(蒼井)、その十和子に毛嫌いされ、ぞんざいに扱われても執拗に付きまとう下劣な男・陣治(阿部)、家庭があるにも関わらず誠実を装い十和子との不倫を愉しむゲスな男・水島(松坂)、他の女との結婚話を隠して自らの保身のために十和子を利用していたクズな男・黒崎(竹野内)らの姿が収められている。

 登場人物は全員最低、共感度0%、不快度100%。限りなく不愉快なのに、「でもこれは、まぎれもない愛の物語」の言葉でムードが一転し、十和子の柔らかな視線と、男たちの十和子を呼ぶ声の先には、観る者の恋愛観が変わる結末を暗示させている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス