• ホーム
  • 芸能
  • はなわ「お義父さん」なぜヒット? 水道橋博士が分析「芸能者としての覚悟が見える」

はなわ「お義父さん」なぜヒット? 水道橋博士が分析「芸能者としての覚悟が見える」

 お笑いコンビ・浅草キッド水道橋博士が出演するBS無料チャンネル「BS12トゥエルビ」のカルチャー番組『BOOKSTAND.TV』(毎週金曜 深2:30)。きょう28日は、人気コーナー「メルマ旬報.TV」のゲストに、『1984年の歌謡曲』(イースト新書)の著者で音楽評論家・スージー鈴木氏を迎え、大澤誉志幸や秋元康氏の登場、さらには最近注目を集めるはなわの「お義父さん」のヒットにいたるまで、日本の近現代歌謡曲史を語りつくす。

 同番組は、日本最大級のメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』の50人超におよぶ豪華執筆陣たちの中からゲストを呼んで、トークを繰り広げる「メルマ旬報.TV」をはじめ、こだわりを持ったお仕事を紹介する「匠の仕事〜ニッホ?ンのお仕事図鑑〜」、東京に存在する謎のスポットを探索する「東京異空間ファイル」など多彩な内容を放送。

 同コーナーに出演した鈴木氏は、稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」を紹介し「全国民を相手にして売る、そのためには何でもするっていう腹をくくっている感じがいいですよね」と魅力を力説。そこから派生して、博士が「はなわくんの『お義父さん』がヒットしているのは、森進一さんの『おふくろさん』と一緒の原理で、そこに芸能者としての覚悟が見えるからだと思う」と独自の観点からヒットの要因を分析していく。

 翌週の5月5日深夜放送の「メルマ旬報.TV」には、お笑いコンビ・シンデレラエキスプレスの渡辺裕薫が出演。「松竹のダウンタウン」との異名をとる、同コンビならではの災難や、松竹芸能と吉本興業のタレント同士の交流などを赤裸々に打ち明ける。



関連写真

  • BS無料チャンネル「BS12トゥエルビ」のカルチャー番組『BOOKSTAND.TV』の人気コーナー「メルマ旬報.TV」に出演する(左から)原カントくん、スージー鈴木氏、水道橋博士
  • BS無料チャンネル「BS12トゥエルビ」のカルチャー番組『BOOKSTAND.TV』の人気コーナー「メルマ旬報.TV」に出演する(左から)原カントくん、シンデレラエキスプレスの渡辺裕薫、水道橋博士

オリコントピックス