• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46・若月佑美、凛々しさと人懐っこさのギャップを披露

乃木坂46・若月佑美、凛々しさと人懐っこさのギャップを披露

 人気アイドルグループ・乃木坂46若月佑美(22)が、27日発売の『週刊ヤングジャンプ』22・23合併号(集英社)のセンターグラビアに登場。初の同誌ソログラビアで、凛々しさと人懐っこさのギャップのある表情や、スラリと伸びたまぶしい美脚を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 同号は若月のほか、表紙&巻頭グラビアに西野七瀬(22)、巻末グラビアに与田祐希(16)、そして8ページの特別ミニフォトブックに齋藤飛鳥(18)と、総勢25ページのグラビアすべてに乃木坂46のメンバーが登場。至高の美少女カルテットが、誌面を華やかに彩った。

 若月は、赤い花柄のドレスで可憐な乙女の一面や、カメラをじっと見つめる優しい表情、Tシャツの裾をまくり上げてウエストをチラリとのぞかせたドキッとするカットなど、さまざまの魅力を表現。美脚を大胆に見せたショートパンツ姿や、花を顔に近づけて少女らしい顔など、22歳の等身大の美しさが凝縮されている。

 同号の巻頭カラー漫画は、石田スイ氏の『東京喰種:re』。原泰久氏の『キングダム』、ふなつかずき氏の『妖怪少女 -モンスガ-』、大竹利朋氏の『もぐささんは食欲と闘う』の3作品にはカラー扉ページ付き。



関連写真

  • 白肌まぶしい美脚を披露した乃木坂46・若月佑美 (C)桑島智輝/集英社
  • 乃木坂46・若月佑美 (C)桑島智輝/集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』22・23号表紙(集英社)

オリコントピックス