• ホーム
  • 芸能
  • 漫画家・新谷かおる氏が休筆報告「一休みしてから新しい事に」

漫画家・新谷かおる氏が休筆報告「一休みしてから新しい事に」

 『エリア88』、『ふたり鷹』などで知られる漫画家・新谷かおる氏が、自身の66歳の誕生日となる26日にツイッターを更新し、休筆を宣言した。

 新谷氏は「昨日、『クリスティ・ロンドン マッシブ』の最終回を脱稿しました。これで漫画家として、一旦筆を置きます」と報告。「そして今日は66歳の誕生日。一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました」とメッセージした。

 新谷氏は1972年に『吸血鬼おいや!?』でデビュー。松本零士氏のアシスタントを務め、78年の『ファントム無頼』がヒットし、翌79年に「少年ビッグコミック」で連載を始めた『エリア88』、81年に「週刊少年サンデー」で連載を始めた『ふたり鷹』が人気となった。



関連写真

  • 新谷かおる氏の代表作『エリア88』(KADOKAWA)
  • 『ふたり鷹』新谷かおる(KADOKAWA)

オリコントピックス