• ホーム
  • 芸能
  • ふぉ〜ゆ〜、再演舞台に意気込み 演出・錦織一清「ダンスシーンは『ラ・ラ・ランド』みたいに」

ふぉ〜ゆ〜、再演舞台に意気込み 演出・錦織一清「ダンスシーンは『ラ・ラ・ランド』みたいに」

 ジャニーズJr.の4人組・ふぉ〜ゆ〜が27日、東京・博品館劇場で行われた舞台『23階の笑い』公開ゲネプロ後の囲み取材に出席。演出を務めた錦織一清とともに再演に向けての意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、ニール・サイモンが若い頃、放送作家として参加していたバラエティー番組『ユア・ショウ・オブ・ショウズ』の舞台裏を描いたドタバタ劇。昨年12月に初演を迎え、半年を待たずして再演となり、松崎祐介は「錦織さんとまたご一緒できて単純にうれしい!」と満面の笑み。

 再タッグとあって、けいこもスムーズに進んだといい、錦織は「僕は演技指導タイプじゃなく、みんなが動きやすいように泳がすタイプ。役者の泳ぐ場所を与える場所かなと思ってるので」と語り「ダンスのシーンも新しくリニューアルした。ふぉ〜ゆ〜たちが頑張って『ラ・ラ・ランド』みたいになっていてる」と、名作級の手応えをにじませた。

 開幕を直前に控え、辰巳雄大も「どの世代に観てもらっても楽しめる演劇のテーマパークのような作品になってます!」と元気いっぱいに呼びかけた。

 フォトセッションにはそのほか、シソンヌなだぎ武、立花瑠菜、入山法子が参加した。同舞台は、きょう27日から5月7日まで同所で上演される。



関連写真

  • 舞台『23階の笑い』のフォトセッション(左から)長谷川忍、じろう、なだぎ武、入山法子、立花瑠菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『23階の笑い』のフォトセッションに参加した(左から)入山法子、立花瑠菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『23階の笑い』のフォトセッションに参加した(左から)長谷川忍、じろう、なだぎ武 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス