• ホーム
  • 音楽
  • FAKY、6・14メジャーデビュー 大沢伸一プロデュース曲収録

FAKY、6・14メジャーデビュー 大沢伸一プロデュース曲収録

 エイベックスのrhythm zoneに所属する4人組ガールズグループ・FAKY(フェイキー)が、6月14日にミニアルバム『Unwrapped(アンラップド)』でメジャーデビューすることが決定し、新ビジュアルが公開された。

【写真】その他の写真を見る


 FAKYは、リーダー・Anna(24)、Lil’Fang(23)、Mikako(22)、Akina(17)からなる4人組。2013年に結成されたものの、リニューアルを理由に14年から約1年半の活動休止を経て15年に再始動。活動開始から4年、満を持して初のCDをリリースする。

 タイトルの「Unwrapped」は、“アメの包紙を取った状態”“開封されたばかり”という意味合い。これまで長い間CDを発表しない状態でアーティスト活動を続けてきたFAKYが、いよいよ世に解き放たれるという意味が込められている。

 本作には、『VMAJ 2016』最優秀新人ビデオ賞にもノミネートされた「Candy」、エアアジアCMソング「Someday We’ll Know」など全6曲を収録。15年に再始動を発表した際に公開したティザー映像のBGMとして使用され、ファンの間で話題となっていた「Keep Out」は、音楽プロデューサーの大沢伸一が手がけたことも判明した。



関連写真

  • 6月14日にメジャーデビューするFAKY(左から)Lil’Fang、Anna、Akina、Mikako
  • デビュー作収録曲「Keep Out」のプロデュースを手がけた大沢伸一

オリコントピックス