• ホーム
  • 芸能
  • 『Number』浅田真央の特別増刊号が好調 売り切れ続出で異例の3万部増刷

『Number』浅田真央の特別増刊号が好調 売り切れ続出で異例の3万部増刷

 文藝春秋は26日、今月21日に発売したビジュアル・スポーツ総合誌『Sports Graphic Number』の特別増刊号『永久保存版 浅田真央 ON THE ICE 1995-2017』について、2刷3万部の増刷を決定したことを発表した。これで累計発行部数は20万部となった。

 フィギュアスケート・浅田選手の 21年間の競技人生を辿る特集号は、発売開始直後から書店、オンライン書店、コンビニともに売れ行き好調で売り切れが続出。ゴールデンウィーク前に初版17万部が完売する見通しとなり、雑誌としては異例の増刷を決定。Numberが重版するのは一昨年、2015年10月発売のラグビーW杯日本代表特別増刊『桜の凱歌。』以来となる。

 編集長の松井一晃氏は「浅田真央さんが初めて誌面に登場した2003年1月9日発売の567号以来、小誌は14年にわったって彼女の笑顔と涙を追い続けてきました。今回の特別増刊号は、浅田真央さんの21年間にわたる競技生活の“ベストアルバム”を創るつもりで、編集部一同、精魂こめて制作いたしました」とコメント。

 読者からも「浅田真央さん、何度見ても美しい涙と笑顔です」「写真がキレイで、とにかく華がある。泣けてしまう」といったメッセージも届いていると明かし「その永久保存版が、彼女を応援しつづけてきた読者の皆さんの支持を受けたこと大変うれしく思います」と喜んでいる。



オリコントピックス