• ホーム
  • 芸能
  • 宮城大樹&飯田來麗らストーリー分岐型演劇に挑戦 「JUNCTION」日本初披露

宮城大樹&飯田來麗らストーリー分岐型演劇に挑戦 「JUNCTION」日本初披露

 元キックボクサーで『テラスハウス』(フジテレビ)に出演していた俳優・宮城大樹、『特捜戦隊デカレンジャー』(テレビ朝日系)で注目を浴びた伊藤陽佑、成長期限定ユニット・さくら学院の卒業生・飯田來麗らが29日に東京・渋谷のドクタージーカンズにて開幕する分岐型演劇「JUNCTION」第1弾『スパイスアップ・ナイトパレード』に出演することが、わかった。

 分岐型演劇「JUNCTION」とは、複数のフロアで同時に物語が進行し、観客が見たいシーンを選択・移動しながらストーリーを体験できる新感覚エンターテインメント。プロデュースユニット“Love Revolution No.3”が世の中に送り出す、日本初の試みで、アトラクションのように、観客も登場人物の一人となって物語の中に入り込むことができる。

 物語は、ある日「ナイトパレード」と呼ばれるパーティーに参加すると言ったきり、一人の少女が行方不明に。少女失踪の謎を解くため、刑事・私立探偵・娘の家族などがパーティーに潜入する。それぞれ別のアプローチで事件を追いかける登場人物たち。誰の推理を見るかによって、事件の様相が異なって見える分岐型演劇が展開される。

 上演を前に宮城は「『JUNCTION』とはその名の通り分岐を意味します。舞台を観たことある方は、イスに座りステージを観る。といのが定番だと思います! しかし! JUNCTIONはイスはなくお客さんの皆さんも役者と同じ目線で舞台を楽しめます」と呼びかけ「僕もこのような形の舞台に出演するのは初めてなので、僕らと同じ目線で一緒に楽しみにましょ!!!」とコメント。

 飯田も「このお話を頂いた時、すごくうれしかった反面、わからないとこだらけで不安や緊張がいっぱいありました。でも、素敵なキャストの皆さんやスタッフさんにたくさん支えて頂き、今ではとてもワクワクしてます。本番が待ち遠しいです」と張り切り「今までの舞台とは違うアトラクション感覚で楽しんで頂ける作品なので、舞台初心者の方にもオススメです! ゴールデンウィークはJUNCTION! ぜひ遊びにきてください!」とメッセージしている。

 出演にはそのほか、大竹浩一、菊池修司、K-SUKE、小池惟紀、小原莉子、小林郁香、菅井義久、長尾卓也、西村彩有里、望月瑠菜、吉田俊大ら総勢26名。現在、予告動画が公開中(https://youtu.be/hBovzXpBaCI)。

■公式サイト
http://lavo3.com/junction/



関連写真

  • 宮城大樹
  • 飯田來麗

オリコントピックス