• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46松村沙友理、“いじめられっ子”役に共感「あんまり友達がいなかった」

乃木坂46松村沙友理、“いじめられっ子”役に共感「あんまり友達がいなかった」

 人気アイドルグループ・乃木坂46松村沙友理が26日、都内で行われた7月よりスタートするテレビアニメ『クリオネの灯り』メディア向け発表会に出席した。テレビアニメシリーズで声優初主演となる松村はいじめられっ子の少女・ミノリ役に起用されたが「私も学生時代は暗くてあんまり友達がいなかったのでミノリちゃんに感情移入しやすかった」と共感を示し、「ミノリちゃんの儚さを表現できていたらいいな」と胸を張った。

【写真】その他の写真を見る


 同アニメは絵と文章、音楽を組み合わせて表現する作風のクリエイター・ナチュラルレインが2004年に発表した作品が原作。2007年『ネットの名作!泣けるサイト特集』に選出され2012年にはイースト・プレス社より書籍化されている。

 学生時代こそ「友達が少なかった」という松村だが、「アイドルグループに入る前は女の子同士だしギスギスしているのかなと思ったけど意外に乃木坂の子はほんわかしているので仲がいい」と良好な関係性を明かし「私も暗い女の子だったんですけど、このままの私を乃木坂は受け入れてくれたので乃木坂でよかったなと思いました」としみじみ明かした。

 この他キャストの大平峻也原奈津子、オープニング・エンディング主題歌担当のaki、挿入歌担当の佐々木李子らが登壇した。過去にはSKE48出口陽(でぐち あき)として活動したakiは、松村との対面に「ソロになって別の機会で共演するなんてすごく感慨深いものがあります」と喜びのコメントを寄せていた。



関連写真

  • “いじめられっ子”役に共感した乃木坂46・松村沙友理 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)石川プロ監督、aki、大平峻也、松村沙友理、原奈津子、佐々木李子 (C)ORICON NewS inc.
  • オープニング・エンディング主題歌担当のaki=テレビアニメ『クリオネの灯り』メディア向け発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • 挿入歌担当の佐々木李子=テレビアニメ『クリオネの灯り』メディア向け発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビアニメ『クリオネの灯り』メディア向け発表会に出席した大平峻也 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビアニメ『クリオネの灯り』メディア向け発表会に出席した原奈津子 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビアニメ『クリオネの灯り』メディア向け発表会に出席したaki (C)ORICON NewS inc.
  • テレビアニメ『クリオネの灯り』メディア向け発表会に出席した佐々木李子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス