• ホーム
  • 芸能
  • レプロが本場NYの演技学校とタッグ ワークショップ実施へ

レプロが本場NYの演技学校とタッグ ワークショップ実施へ

 女優の長谷川京子や新垣結衣らが所属するレプロエンタテインメントが、合同会社ドリームシーズとの提携のもと、マーロン・ブランドやロバート・デ・ニーロら多くの俳優を輩出したニューヨークの演劇学校『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』(以下SAS)から講師を招聘(しょうへい)し、本場の演劇ワークショップを今年の冬より開始することが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 場所はレプロが新設したワークショップスタジオ『銀座九劇アカデミア』で、3月に開業した同社の劇場『浅草九劇』の基盤となるような「プロフェッショナル」を育む場として、未来のアーティストやクリエイターの育成を行なっていく。

 ワークショップでは、SASの主任講師であるロン・バラス氏が俳優および俳優を志す人々に向けて演技指導を行なうというもの。ロン氏は、ステラ・アドラーが提唱した演技理論を現代に受け継ぐ最も優れた指導者で、今回のワークショップを皮切りに日米交換留学プログラムや舞台公演プロジェクトなどの芸術活動の展開も視野に入れているという。

 SASの芸術監督兼最高経営責任者であり、ステラ・アドラーの孫であるトム・オッペンハイム氏は「才能あふれた日本人俳優の皆さんに、世界で通用する実力を身につけていただきたい。今からとても楽しみでならないです」とコメントしている。

 『銀座九劇アカデミア』では今後、ほかにもアスリートや写真家、CMクリエイターなど、幅広いジャンルから表現の最先端を知る講師陣を招く。



関連写真

  • 『銀座九劇アカデミア』にて今秋よりロン・バラス氏が本格的演技ワークショップを実施
  • ステラ・アドラー
  • 『銀座九劇アカデミア』にて今秋より本格的演技ワークショップを実施
  • 『銀座九劇アカデミア』にて今秋より本格的演技ワークショップを実施

オリコントピックス