• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞『ジャニ勉』初回ゲストのハイヒールが再来

関ジャニ∞『ジャニ勉』初回ゲストのハイヒールが再来

 放送開始から丸10年となる、人気グループ・関ジャニ∞の関西テレビ系冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(毎週水曜 深夜0:25)の26日オンエアでは、記念すべき500回を迎えることから初回ゲスト(2007年5月2日)だったお笑いコンビ・ハイヒールが再び登場する。大倉忠義は終始、笑いの絶えない収録を振り返り「楽しかったですし、年々凄みを増していると言いますか、面白いな、パワーがすごいなと思いました。すごい大阪色の強い収録になりましたね」と充実の表情で振り返った。

 同番組では今春より、今までのゲストを交えた共感トークやゲームといったバラエティー感の強かった内容から、ゲストの絶対譲れないポリシーをはじめ、関ジャニ∞メンバーのそれぞれが持つ自分だけのこだわりを熱く語り合う『関ジャニ∞の頑固道』コーナーなど、スタジオ部分はゲストとのトーク中心の番組へと一新。今回は漫才の立ち位置に関する秘話から派生して関ジャニ∞のコンサートでトークコーナーの時の立ち位置の話題でも盛り上がりをみせた。

 メンバーのうち2人が地元・関西の“ええやん”を求めて街ブラをするロケコーナー『2/∞』は渋谷すばる安田章大ペアで送り、今回をもって全ての組み合わせを達成。関ジャニ∞としてデビューする前とデビュー後しばらく、渋谷と安田が2人で連れだってよく買い物に来ていたという思い出の街・堀江を巡る。

 500回を迎え、丸山隆平は「僕たちはすごく恵まれた環境の中で、いろんなことを試して、そして、いろんなことをふり、ふられ、本当に大阪のこの空気というのに後押しされて、東京で頑張れているなというのを改めて思いますね」と“原点”に感謝し、安田も「10年・・・年と共に経験値もちゃんと重ねられてたらいいなぁ〜っていう風に思いました」としみじみ。

 村上信五は「僕らと言うよりはカンテレ始めスタッフのみなさんが、よう我慢してくださったなというだけですからね。自分らが頑張ったからとは全然思ってないです」と謙虚に語り、渋谷すばるは「とにかくスタッフの人ともそうやし、視聴者の皆さんと一緒に年を重ねていけるような番組にこれからもしていけたらなと思います」と改めて意気込んだ。

 今後の抱負について横山裕は「月並みですけど、600回続くようにやっぱり頑張りたいですね。1000回とかではなく、まず次の目標は600回ですね!」と掲げ、錦戸亮も「気づけば500回という感じやったんで、気づけば600回、気づけば700回ってなっていけるように、頑張っていきたいなと、精進していきたいと思います!」と気持ちを新たにしていた。



オリコントピックス