• ホーム
  • 芸能
  • 北川景子主演『家売るオンナ』SPドラマで復活

北川景子主演『家売るオンナ』SPドラマで復活

 女優・北川景子が主演した昨年夏の日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナ』が5月26日、『金曜ロードSHOW!特別企画7daysTVスペシャルドラマ「帰ってきた 家売るオンナ」』(後9:00)として復活することが明らかになった。北川演じる天才不動産営業ウーマン・三軒家万智が顧客の事情に首をつっこみながらも問題を解決、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。続篇となる今回は最終回から2年後を舞台に、仲村トオル工藤阿須加イモトアヤコ千葉雄大らおなじみのキャストも勢ぞろいする。
 
 北川にとっては昨年1月にタレントで歌手のDAIGOと結婚して以来、初の連続ドラマ主演だった同作。放送期間中はリオ五輪放送という“強敵”にも耐え、全話の平均視聴率で11.6%と健闘。破天荒でドSな万智をはじめとする個性豊かなキャラクターや万智の決め台詞「GO!」なども話題を呼んだ。

 物語は、万智と屋代課長(仲村)がテーコー不動産新宿営業所を去って2年後、再び売り上げ不振の窮地に立たされた新宿営業所を救うため、庭野(工藤)が『サンチー不動産』社長となった万智に助けを求めるところから始まる。そこで庭野は、家族水入らずといった風情で海辺を歩く万智と屋代、万智の腕に抱かれた赤ちゃんの姿を見てショックを受ける。果たして赤ちゃんは万智の子なのか? 舞い戻った万智を迎える営業所メンバーの“その後”や、相変わらず敏腕な万智の営業テクニックもみどころとなる。

 連ドラ撮影時から復活を期待していたという北川は「すぐ万智に戻れるのか正直不安だった」と心配しつつも「いざ現場に入って、万智のファッションになって共演者の方々とお芝居をしたら体が覚えていて、自然と万智に戻ることができました」と手応えを明かす。今回から、草川拓弥演じる鍵村という新キャラクターもテーコー不動産に加わりパワーアップ。「彼が良い風を吹かせてくれるんじゃないかと思っています」と期待を寄せた。

 満を持しての続編となるが「今回のスペシャルから入っていただいても絶対に楽しめる作品になっています」と“新規顧客”の獲得にも自信を込め、「小さなお子さんにも楽しんでもらえるようなキャラクターたちの“顔芸”や、大人の方に感じていただけるような、人生を歩んでいく上でためになるセリフがたくさん散りばめられています。幅広い方々が楽しめる作品ですので、ぜひご覧になってください」とアピールしている。



関連写真

  • 26日放送の『金曜ロードSHOW!特別企画7daysTVスペシャルドラマ「帰ってきた 家売るオンナ」』に主演する北川景子 (C)日本テレビ
  • 26日放送の『金曜ロードSHOW!特別企画7daysTVスペシャルドラマ「帰ってきた 家売るオンナ」』に主演する北川景子 (C)日本テレビ

オリコントピックス