• ホーム
  • 芸能
  • 天木じゅん、体当たりで“ネオグラビア”提唱 水着を上下逆に体に巻きつけ…

天木じゅん、体当たりで“ネオグラビア”提唱 水着を上下逆に体に巻きつけ…

 グラビアアイドルの天木じゅん(21)が、24日発売の『週刊プレイボーイ』19&20号(集英社)のグラビアに登場。撮影方法や身にまとうアイテムなど、常に進化を続けるグラビアシーンにおいて、2017年のトレンド最前線を体当たりで提唱した。

【写真】その他の写真を見る


 身長148・バスト95(Iカップ)・ウエスト57・ヒップ84センチというメリハリのあるダイナマイトボディと、幼さの残るロリフェイスという“最強アンバランス”を誇る天木。バラエティ番組の出演も増えており、次世代のグラビア界をリードする筆頭候補として呼び声も高い。

 今回のグラビアは、武田久美子の貝殻ビキニに始まり、さまざまなブレイクスルーが起こってきたグラビアの歴史への挑戦。「進化形競泳水着」「童貞を殺すセーター」「天地返し」など、最前線にして最高峰のグラビアを見事に表現している。

 なお、今回のグラビアの全貌は26日発売の『週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊2017GW号』で明らかになる。本誌に掲載しきれなかったアザーカット数十点で構成する電子写真集「週プレnet EX」(税込み1080円・閲覧可能期間7日間)も24日に発売された。

 同号にはそのほか、女優の逢沢りな(25)、アイドルグループ・SUPER☆GiRLSの浅川梨奈(18)、レースクイーンの藤木由貴(24)、モデル・タレントの朝比奈彩(23)らが登場。表紙は『non-no』専属モデルでグラビアアイドルの馬場ふみか(21)が飾っている。

 また、AKB48を卒業した小嶋陽菜(29)のお宝秘蔵カット集や、創刊50周年スペシャル袋とじとして1970年代の秘宝級グラビアのポジフィル一挙も掲載。さらに、特別付録として逢沢&浅川&藤木のグラビアDVDも付属する。



関連写真

  • 体当たりで“ネオグラビア”を提唱した天木じゅん(C)関根和弘/週刊プレイボーイ
  • ダイナマイトボディを披露した天木じゅん(C)関根和弘/週刊プレイボーイ
  • 『週刊プレイボーイ』19&20合併号表紙 (C)集英社

オリコントピックス