• ホーム
  • 芸能
  • 『やすらぎの郷』プロデューサー、倉本聰脚本のテレビ界への皮肉に覚悟

テレビ朝日の昼ドラマ『やすらぎの郷』(月〜金曜日 後12時30分〜)は、脚本家・倉本聰氏のオリジナル物語で豪華キャストが出演。同作は、テレビ界への痛烈な皮肉も含まれた内容だが、倉本氏の渾身の脚本に現場の士気も高まっているようだ。同局総合編成局ドラマ制作部のプロデューサー・中込卓也氏が、企画の経緯や挑発的なドラマへの思いを語った。

◆倉本聰先...

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2017年9月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年9月11日号

<COVER STORY>
川淵三郎氏(日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)
「アリーナ文化の創出」を提唱

<SPECIAL ISSUE>
「ORICON LIVE STUDYwith ACPC」Vol.3
プロダクション目線の“観客文化育成”とおもてなし

お問い合わせ

オリコントピックス