• ホーム
  • 芸能
  • 柏木由紀、北九州市のエンタメ活性化に一役 5・3ワンマンライブも決定

柏木由紀、北九州市のエンタメ活性化に一役 5・3ワンマンライブも決定

 人気アイドルグループ・AKB48兼NGT48の柏木由紀が9日、福岡・北九州市の商業施設「あるあるCity」で行われた『北九州市、あるあるCity、エイベックスの包括連携協定調印式』に登場。同施設の5周年公式アンバサダーに就任した。

 エンタメ分野において北九州市の活性化を目指し、三者を中心とした協力体制を構築。同施設を拠点として様々なエンターテインメントコンテンツの提供や、施設最寄りの小倉駅前の施設でライブやイベントを実施していく。

 最初の取り組みとして、5月3日に「あるあるCity」7階に「ホログラムシアター」がオープン。日本初となるホログラムシアター兼ライヴスペースとなり、最先端のプロジェクター設備を備えたエンタメのマルチスペースとして新しいカルチャーの発信地を目指す。シアターオープン記念スペシャルライブとして、柏木のワンマンライブが同会場で開催される事も発表された。

 アンバサダーに就任した柏木は「出身である鹿児島や今回アンバサダーを務めさせていただく北九州を含め、九州を盛り上げるお手伝いができたなら」と広く地元への貢献をアピール。出席した北橋健治・北九州市長は「エンターテインメント事業を通じた集客の促進、対外的なPRの推進、地域経済のより一層の活性化につながることに期待したい」とコメントした。

 「ホログラムシアター」の第一弾コンテンツとして「AAAホログラムLIVE」が5月4日からスタートする事が決定している。



オリコントピックス