• ホーム
  • 芸能
  • 有村架純主演、新・連続テレビ小説『ひよっこ』スタート

有村架純主演、新・連続テレビ小説『ひよっこ』スタート

 NHKの連続テレビ小説・第96作『ひよっこ』(月〜土 前8:00 総合ほか)が3日にスタートする。ヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純。脚本は『ちゅらさん』『おひさま』に続き、連続テレビ小説3作目の岡田惠和氏が担当。主題歌は桑田佳祐の「若い広場」で初回放送時が初OAとなる。語りはマラソン中継の解説でおなじみの増田明美が務める。

【写真】その他の写真を見る


 東京がオリンピック開催に向けてお祭りムードで湧く1964年から始まる物語。高校3年生のみね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村でのびのびと朗らかに暮らしていた。父・実(沢村一樹)は不作の年に作った借金を返すため東京に出稼ぎに出ており、普段は、明るくおしゃべりな母・美代子(木村佳乃)、無口な祖父・茂(古谷一行)、そして妹と弟の家族5人で農業をして生活している。

 幼なじみの時子(佐久間由衣)は女優になるために、三男(みつお/泉澤祐希)は三男坊であるために、それぞれ卒業後は東京で働くことになっているが、みね子は父が出稼ぎを辞め帰って来る日を願いながら、奥茨城で農業を手伝いずっと暮らしていこうと思っていた。

 一方、実は故郷の家族と田んぼに思いを馳せつつ、ビルの工事現場で重労働に汗を流し、日銭を稼いでは送金する日々だった。年に一度の稲刈りのため奥茨城に帰る日、実は赤坂で鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)らが営む洋食屋「すずふり亭」とめぐり会う。そして、故郷に帰った実は真っ先に畑の匂いと感触を確かめるのだった。翌朝、時子や三男、叔父の宗男(峯田和伸)も参加し、稲刈りが始まる。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)(C)NHK
  • みね子の母・美代子(木村佳乃)(C)NHK
  • みね子の父・実(沢村一樹)
  • HK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。みね子の祖父・茂(古谷一行)
  • HK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。谷田部家(左から)美代子(木村佳乃)、茂(古谷一行)、妹・ちよ子(宮原和)、弟・進(橋來)、みね子(有村架純)
  • HK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。奥茨城村・バス停で幼なじみの3人(左から)三男(泉澤祐希)、時子(佐久間由衣)、みね子(有村架純)
  • HK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。東京・赤坂にある洋食屋「すずふり亭」店主・牧野鈴子(宮本信子)
  • HK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週より。東京・赤坂にある洋食屋「すずふり亭」にて。(左から)店主・牧野鈴子(宮本信子)、料理長の省吾(佐々木蔵之介)、みね子の父・実(沢村一樹)

オリコントピックス