• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木京香、『人間の証明』 ケタ外れの悪女を熱演

鈴木京香、『人間の証明』 ケタ外れの悪女を熱演

 女優の鈴木京香が出演するスペシャルドラマが2本、立て続けに放送される。4月2日にテレビ朝日系で『人間の証明』(後9:00)、4月5日にテレビ東京系で『冬芽の人』(後9:00)。『人間の証明』では昭和の名作のリメイクに、『冬芽の人』ではアクションに、挑戦している。「いろんなことにチャレンジしてみようと思っています」と意欲的だ。

 『人間の証明』は、日本を代表するミステリー作家の森村誠一氏が1976年に発表し、翌77年には岡田茉莉子松田優作さんの主演で映画化され大ヒットした作品。劇中での「母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね?」という西條八十の詩のインパクトとともに、40年が経った今も多くの人々の記憶に残っている違いない。

 原作の魅力は、殺人犯を追う刑事を描く「本格捜査ドラマ」であるとともに、激動の戦後を必死に生き抜いた「ひとりの女性の数奇な一代記」であり、家族の絆と崩壊を描く「ホームドラマ」であり、そして「国境を越えた親子愛の物語」であること。これまで、設定等を変えドラマ化が幾度も重ねられてきたが、今回は、原作に忠実に「終戦直後から1970年代の昭和」を背景に映像化される。

 孤高の刑事・棟居を演じるのは、藤原竜也。家庭や地位、名声を守るために「母性」を捨てた美容家の八杉恭子を鈴木が演じる。2人の共演は、大河ドラマ『新選組!』(2004年、NHK)以来、13年ぶりとなる。

 「私が小学生の時に『人間の証明』の映画が大ヒットしました。映画では岡田茉莉子さんのお母さんぶりが強烈で、印象に残っています。あの役を私が! という喜びでいっぱいでした」と鈴木。過去の作品と比較されるかもしれないが、「ほかの方が演じたことのある役を演じるのは、けっこう慣れっこ」とほがらかに笑う。確かに、昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』で演じた豊臣秀吉の正室・寧々もそうだし、何より鈴木の出世作となったNHK連続テレビ小説『君の名は』のヒロイン・真知子も、映画の大ヒットが先だった。

 「視聴者の皆さんには、小説があって、大ヒットした映画があって、ドラマとしてもたくさんリメイクされている「人間の証明」という作品を、まず知っていただきたいんです」。

 このドラマは、恭子の生い立ちから、戦後、何があって、何が起こったのか、を描くものでもある。「八杉恭子はものすごく興味深いキャラクター。悪女ではあるのですが、ただの悪女にはしたくなかった。すべてがケタ外れで、とにかく生きるんだという思い、成功しなければという気持ちが、驚くくらい強い。人間としての欲、生きる欲が強い人だと思いますし、フィクションの中でも彼女のようなキャラクターはなかなかいない。女優だったら誰もがやりたい役だと思います。ドラマの企画がもし5年ズレていたら、私にオファーはこなかったかもしれない。そういう意味でも恭子を演じることができて、幸せでした。感謝しています」。



関連写真

  • 4月2日放送、テレビ朝日系『人間の証明』に出演する鈴木京香 (C)ORICON NewS inc.
  • 棟居弘一良役で主演するのは藤原竜也(C)テレビ朝日
  • 二人の共演は大河ドラマ『新選組!』(2004年)以来13年ぶり(C)テレビ朝日

オリコントピックス