• ホーム
  • 芸能
  • たかみな、永野と“新コンビ”結成 衣装の色かぶりで「ペー・パー子さんみたい」

たかみな、永野と“新コンビ”結成 衣装の色かぶりで「ペー・パー子さんみたい」

 歌手でタレントの高橋みなみ(25)とお笑い芸人の永野(42)が2日、都内で映画『ラ・ラ・ランド』発声上映会前のトークイベントに登場。劇中の衣装をイメージした水色のドレスをまとった高橋だったが、永野のユニフォームと色がかぶり、さながらコンビのようなツーショットとなってしまうと「ちょっとー待ってください! 本当にやめてほしいんだけど」と肩を落とした。

 高橋は「永野さん、ちょっと色!青ってけっこうコントラストあるのに、何でこんなことになっちゃったんだろう」と苦笑い。一方の永野は、いつもの調子で「たかみなより普通に『ラ・ラ・ランド』が好きー!」と全力でネタを披露すると「気が合うかもー。ちょっと、我々でリメイクしようよ!」と呼びかけた。

 その後も息の合ったかけあいを披露した2人に、MCも「だんだん夫婦芸みたいになってきましたね」と絶賛。高橋も「違った形の林家ペー・パー子さんみたいになってきましたね」と手応えをにじませ、写真撮影時には永野と2人で同作のポスターのポーズを披露するサービスまで見せたが、作品愛を伝えるという本来の目的からそれてしまったことに「ツラい。本当にイヤだ…」と後悔した様子でつぶやいた。

 そんな高橋をよそに、最後までマイペースを貫いた永野は「実は僕、新生ノースリーブスなんですよ。(高橋が)旧で、僕が新。こじはる見てるー?」と悪ノリを続行。写真撮影のかけ声では、観客から「かわいいー」との歓声が飛んだことをいいことに「みんなで『川合俊一!』って言おう!」と脱線につぐ脱線で、会場の空気を温めていた。

 同作は、夢追い人が集まる米・ロサンゼルスを舞台に、女優を夢見る主人公(エマ・ストーン)と売れないジャズピアニスト(ライアン・ゴズリング)との恋を描くミュージカル映画。先日行われた『第89回アカデミー賞』では、監督賞、主演女優賞など最多6冠に輝いた。



関連写真

  • 『ラ・ラ・ランド』発声上映記念トークイベントに出席した(左から)高橋みなみ、永野 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラ・ラ・ランド』発声上映記念トークイベントに出席した(左から)高橋みなみ、永野 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス