• ホーム
  • 芸能
  • 大泉洋が殺人者役に挑戦 土屋太鳳、向井理とオムニバスミステリーに主演

大泉洋が殺人者役に挑戦 土屋太鳳、向井理とオムニバスミステリーに主演

 俳優の大泉洋土屋太鳳向井理が4月22日に放送されるフジテレビ系オムニバスドラマ『ドラマ・ミステリーズ〜カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊〜』(後9:00)にそれぞれ主演することがわかった。タイトルの通り、玉石混交(ぎょくせきこんこう)の短編ミステリーのなかからカリスマ店員によって選出された3篇のストーリーを、映画『ジョゼと虎と魚たち』『グーグーだって猫である』の犬童一心監督が演出。大泉洋は殺人者、土屋は命を狙われる妊婦、向井は誘拐犯と個性的なキャラクターに挑んでいる。

 『妻の女友達』(小池真理子著)をもとに、妻と一人娘とともに平穏な暮らしを送っていた男・広中肇が妻の大学の同期・多田美雪(高岡早紀)の出現をきっかけに殺人者に転落する。「自分が今までやってこなかった役柄や、シーンを演じられることに喜びを感じました。肇の気持ちをすんなり理解するのは難しかったですが、演じていてとても楽しかったです」とやりがいを感じている大泉。「広中肇という少し、いや、かなり変わった男の話ですが、肇がたどる数奇な運命を是非お楽しみください。ドラマのラストには“驚き”が待っています!」とアピールした。

 『私たちが星座を盗んだ理由』(北山猛邦著)に収録された『恋煩い』に主演する土屋は高校の同級生で現在、同せいしている彼氏の浮気への疑いをぬぐえない妊婦の蔵元亜希を演じる。恋人の植田駿(井之脇海)には妊娠を打ち明けられず悩む亜希は高校時代に仲の良かった茅野透子(岸井ゆきの)と再会し…。脚本を読んだ土屋は「今まで出会ったことのない、つかみどころの無さに、まるで“霧”のような物語だと感じました」と感想を明かす。亜希は“おまじないバカ”という設定だが自身は「“筋トレバカ”か、“スーパーバカ”でしょうか…。“スーパーバカ”のスーパーは、『超』の意味ではなくスーパーマーケットのスーパーです。生鮮食料品売り場が特に好きで、うろうろしていると幸せを感じます」と知られざる一面を披露した。

 向井は主演する「情けは人の…」は『盗まれて』(今邑彩著)に収録。バーテンダーのアルバイトをしながら、生活している北川健史(向井)は店にやってきた中年男からある誘拐計画を持ちかけられる。愛人の子どもとして実の父・塚原に母ともども捨てられた過去を持つ健史は塚原の10歳の一人息子、昌彦(大西利空)を誘拐するというその計画に復讐の気持ちもあって乗った健史におもいもよらぬ事態が待ち受ける。向井は「始まりは不穏なストーリーですが、最後まで見ていただけたら、少し優しい気持ちになれる作品です」と紹介。実生活でもバーテンダーとして働いた経験のある向井は「もっとやっていたかったぐらいです」とその立ち振舞にも注目だ。



オリコントピックス