• ホーム
  • 音楽
  • 岸田繁、新たにオーケストラ演奏曲制作 NHK京都&FM『くるり電波』に提供

岸田繁、新たにオーケストラ演奏曲制作 NHK京都&FM『くるり電波』に提供

 昨年12月、全5楽章・55分におよぶ大作「交響曲 第一番」を世に送り出したロックバンド・くるり岸田繁が、NHK京都放送局のニュース番組『京いちにち』(月〜金 後6:30 ※京都ローカル)のエンディングテーマと、毎月最終火曜日に放送中のNHK FM『くるり電波』(毎月最終火曜 後11:00)のために、オーケストラが演奏する新たなテーマ曲を提供した。

 演奏するのは、岸田の地元・京都のオーケストラで「交響曲 第一番」の初演を担当した京都市交響楽団。指揮は同楽団の常任指揮者兼ミュージックアドバイザーの広上淳一氏が執った。

 NHK京都放送局のために制作したのは、くるりの名曲「宿はなし」のオーケストラバージョン。さらに、京都市交響楽団との共演で岸田自ら歌う「宿はなし」の新バージョンも制作し、ニュース番組『京いちにち』の中に新設するコーナー「京の守り人」のテーマ曲として使用される。同コーナーは、京都の未来を担う“守り人”を発掘し、末永く応援していく連続ドキュメンタリーで、4月から隔週でオンエアされる予定。

 また、FM『くるり電波』のために書き下ろしたのは「2017年の行進曲」。岸田が「古典的なクラシックの作曲法とオーケストレーションの技法を強く意識した」という、重厚でありながらも軽快なオープニング曲となっている。



関連写真

  • 新たにオーケストラ演奏曲を書き下ろした岸田繁(くるり)
  • 演奏は京都市交響楽団、指揮は広上淳一氏が担当

オリコントピックス