• ホーム
  • 芸能
  • 『マンガ大賞2017』は『響〜小説家になる方法〜』 作者が受賞記念イラスト描き下ろし

『マンガ大賞2017』は『響〜小説家になる方法〜』 作者が受賞記念イラスト描き下ろし

 書店員を中心としたの各界の漫画好きが「今、一番友達に薦めたいマンガ」をコンセプトに選出する『マンガ大賞2017』の授賞式が28日、都内で開催され、柳本光晴氏の『響〜小説家になる方法〜』が選ばれた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて、2014年より連載中。才能あふれる主人公の女子高生・響が小説家を目指して進んでいく物語。授賞式に登場した柳本氏は「とにかくうれしいっていうのと、ようやく本当だったんだなという感じ」と、やっと実感が湧いた様子。アシスタントとのやり取りも明かし、「名言を言われました。『先生、漫画は絵じゃないって証明しましたね』って」と笑わせた。

 “小説家”を題材に選んだ理由については「世間一般ではメジャーだけれど、漫画ではあまり扱われていない題材にしたかった。文章は紙、絵に起こせないのでまだ手がつけられていないと思うけれど、キャラクターに説得力をもたせたらいけると思った」といい、「圧倒的な天才を描きたかった」という思いを語った。

 受賞を記念し、柳本氏が描き下ろした受賞記念イラストも公開された。

 同賞は、漫画に詳しいニッポン放送の吉田尚記アナウンサーと業界の書店員らを中心に2008年に創立され、今回で10回目。選考対象になるのは、2016年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻までの漫画作品。選考員で94人の選考員が最大5作品に投票し、得票数上位13(同率順位含む)作品をノミネート。その後、選考員が全候補作品を読んだ上で、最もポイントが高かった1作が大賞に決まった。

 第1回大賞『岳』(石塚真一)、第2回の『ちはやふる』(末次由紀)、第3回の『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)、第4回の『3月のライオン』(羽海野チカ)、第5回の『銀の匙』(荒川弘)、第6回の『海街diary』(吉田秋生)と、これまでの同賞受賞作やノミネート作が、数多く実写化されてきた。『響〜小説家になる方法〜』も流れにのるか期待され、演じてほしい人を聞かれた柳本氏は「正直な話、誰でもいいです。動くところが見たい」とコメント。原作使用についていくつか話がきていることを明かした担当編集者は「個人的にはアニメーションで見たい」と語った。

以下、今年の順位。
1位 『響〜小説家になる方法〜』柳本光晴/小学館
2位 『金の国 水の国』岩本ナオ/小学館
3位 『ダンジョン飯』九井諒子/KADOKAWA
4位 『アオアシ』小林有吾・協力:上野直彦/小学館
5位 『波よ聞いてくれ』沙村広明/講談社
6位 『約束のネバーランド』原作:白井カイウ/作画:出水ぽすか/集英社
7位 『ゴールデンゴールド』堀尾省太/講談社
8位 『ファイアパンチ』藤本タツキ/集英社
9位 『ハイスコアガール』押切蓮介/SQUARE ENIX
10位 『からかい上手の高木さん』山本崇一朗/小学館
11位 『私の少年』高野ひと深/双葉社
12位 『東京タラレバ娘』東村アキコ/講談社
13位 『空挺ドラゴンズ』桑原太矩/講談社

■歴代大賞作品
第1回(2008年):『岳』石塚真一
第2回(2009年):『ちはやふる』末次由紀
第3回(2010年):『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
第4回(2011年):『3月のライオン』羽海野チカ
第5回(2012年):『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘
第6回(2013年):『海街diary』吉田秋生
第7回(2014年):『乙嫁語り』森薫
第8回(2015年):『かくかくしかじか』東村アキコ
第9回(2016年):『ゴールデンカムイ』野田サトル



関連写真

  • 『マンガ大賞2017』に選ばれた『響〜小説家になる方法〜』の柳本光晴氏が描き下ろした受賞記念イラスト
  • 『マンガ大賞2017』に選ばれた『響〜小説家になる方法〜』柳本光晴 (C)小学館
  • 会場に展示されたノミネート作品 (C)ORICON NewS inc.
  • 『マンガ大賞2017』の受賞作が決定
  • 『東京タラレバ娘』東村アキコ (C)講談社
  • 『アオアシ』小林有吾・上野直彦
  • 『からかい上手の高木さん』山本崇一朗
  • 『金の国 水の国』岩本ナオ
  • 『空挺ドラゴンズ』桑原太矩 (C)講談社
  • 『ゴールデンゴールド』堀尾省太 (C)講談社
  • 『ダンジョン飯』九井諒子 (C)カドカワ
  • 『波よ聞いてくれ』沙村広明 (C)講談社
  • 『ハイスコアガール』押切蓮介 (C)SQUARE ENIX
  • 『ファイアパンチ』藤本タツキ (C)集英社
  • 『約束のネバーランド』出水ぽすか・白井カイウ (C)集英社
  • 『私の少年』高野ひと深 (C)双葉社

オリコントピックス