• ホーム
  • 芸能
  • 石田純一、4歳息子とのゴルフ特訓語る「18ホール回れるようになった」

石田純一、4歳息子とのゴルフ特訓語る「18ホール回れるようになった」

 俳優の石田純一が27日、都内で行われた日本マクドナルドの「はじめて体験」プログラム発表会に出席した。石田はプロゴルファー・東尾理子との4歳の息子・理汰郎君とゴルフ場に行くようになったと明かし、「ショートコースを18ホール回れるようになった。まだパーは取ったことないですけど」と、親バカぶりを見せつけた。

【写真】その他の写真を見る


 ゴルフについては「まだ遊ばせているだけ」としつつも、「マナーを厳しく言っている。『スコアのいい順番から打つんだよ』と言ったり」と、ルールからしっかり教えている段階。だが息子には「いっぱいやらせてやりたい」と、サッカー、武道、バイオリン教室などにも行かせたい様子。義父は元プロ野球選手・監督の東尾修氏だけに「野球教室は春から。親バカですみません」と自嘲していた。

 さらに、石田は育児の姿勢について、「子供の目線に合わせて、なんでも体験させるようにしている」と説明。「ごはんもただ出すのではなく、お米から『こうやって作るんだよ』と田植えや稲刈りもさせています。野菜の収穫も一緒にやって、大きいニンジンに驚いたり」とすっかりパパの顔で目を細めていた。

 石田の子供と言えば、前妻・松原千秋との間に生まれた、モデルのすみれがおり、一時は体調不良が取り沙汰されていた。彼女について石田は「昨年暮れぐらいから回復していて、向こう(アメリカ)のお仕事をしている。今週みんなで集まって、1歳になった(娘の)青葉の誕生日を祝ってくれるみたいです」と、すみれと近日中に会うことを明かした。

 同イベントでは、子供たちに“はじめて”の体験を楽しみ、ワクワク、ドキドキしながら成長することをテーマにした「はじめて体験」の一環として、子どもレポーター4人が石田に“はじめてのインタビュー”を実施。「石田さんの好きなハンバーガーは?」の質問に石田は「ビッグマック!!」と即答。さらに、子どもレポーターは店長に「長いフライドポテトがあるのはどうして?」と質問。店長から「ラグビーボールぐらい大きいポテトを使っているから」という豆知識を引き出すなど大活躍の子どもたちを石田は「辣腕ですね〜。一生懸命さが伝わってきました」と大絶賛していた。



関連写真

  • 日本マクドナルド「はじめて体験」プログラム発表会に出席した石田純一
  • 日本マクドナルド「はじめて体験」プログラム発表会に出席した石田純一(後列右)
  • 日本マクドナルド「はじめて体験」プログラム発表会に出席した石田純一
  • 日本マクドナルド「はじめて体験」プログラム発表会に出席した石田純一(後列中央)
  • 日本マクドナルド「はじめて体験」プログラム発表会に出席した石田純一(後列中央)

オリコントピックス