• ホーム
  • 芸能
  • 木南晴夏、月9で相葉雅紀にときめき? 元“恋敵”武井咲のほっぺにチュー

木南晴夏、月9で相葉雅紀にときめき? 元“恋敵”武井咲のほっぺにチュー

 女優の木南晴夏が4月17日スタートのフジテレビ系ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)に出演することがわかった。主演の相葉雅紀演じる探偵を趣味としている謎に包まれた貴族にときめく社長令嬢・玉村依子役に起用された。昨夏に放送されたドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS)で夫の不倫相手を演じた“恋敵”武井咲とも再会する。

【写真】その他の写真を見る


 今回で30周年を迎える月9枠で放送される同ドラマは、麻耶雄嵩氏による同名推理小説と続編『貴族探偵対女探偵』(いずれも集英社文庫)を原作に、一切の推理を「雑事」と言い放って召使いに任せながら優雅に謎を解く“貴族探偵”の活躍を描く異色のミステリー。

 1話の殺人事件の舞台となる豪奢な山荘は依子の父が所有するもの。武井演じる新米探偵・高徳愛香が勤める喜多見切子探偵事務所はクライアントとしてひいきにしており、山荘で開催したパーティーに親交のある愛香を招いたところ、そこで凄惨な殺人事件が起こる。依子は突如あらわれた謎多き貴族と会話を楽しみ、遊びに興じるうちに甘く焦がれるような感情を胸に抱くようになるという役どころだ。

 木南は初共演となる相葉について「すごく誰に対しても垣根がない、気さくな方なので、とてもやりやすいです」と印象を明かし、「武井さんとは相対する役だった前回から、今回は武井さんが演じる愛香のことが大好きという仲の良い役ができて良かったな、と思います」と再共演をよろこんだ。

 『せいせい〜』では「この泥棒猫!」と暴言を吐いていた妻から一転、依子として躊躇(ちゅうちょ)なく愛香にハグ、そして頬にキスも。「私が演じる依子は、自由奔放なお嬢様なので、それこそ奔放に演じて、武井さんの頬にチューできるという権利もゲットして(笑)、役柄を楽しんでお芝居させていただいています」と手応えを明かしている。
 
 このほど相葉をはじめとするメインキャストが役衣装に身を包んだメインビジュアルも公開された。放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』のオープニング映像を手掛けたアーティストの清川あさみ氏による作品で、写真に施された刺繍により、謎めいた世界に優雅さと遊び心が加わったドラマの世界観を表現。特注のナポレオンジャケットを着用した相葉は「スタッフの方がの歌の衣装とかぶらないように、というところも考えてくださり、ゴージャスで迫力のある、今までに着たことのない衣装になりました」と満足げにコメントしている。



関連写真

  • 4月17日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『貴族探偵』に出演する木南晴夏
  • 4月17日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『貴族探偵』公式ビジュアル

オリコントピックス