• ホーム
  • 芸能
  • 「毛虫のボロ」参加の櫻木優平監督作品『ソウタイセカイ』Huluで配信

「毛虫のボロ」参加の櫻木優平監督作品『ソウタイセカイ』Huluで配信

 宮崎駿監督がCGを使って三鷹の森ジブリ美術館用短編アニメーション「毛虫のボロ」の制作に挑んだドキュメンタリーが昨年、NHKスペシャルで放送され、大きな話題となったが、その制作現場にCGディレクターとして関わっていた櫻木優平氏が脚本・監督を務める新作アニメーション『ソウタイセカイ』が、4月28日より配信サービス「Hulu」で配信開始される。

【写真】その他の写真を見る


 櫻木監督は、実写映像・グラフィックデザインを学んだ後、フリーランスとして活動をはじめる。5年ほど前から「セルルックCG」(2次元の手描きアニメーション、あるいは漫画やイラスト風の作画表現の系譜をもつ日本特有のCGアニメーション表現)に力を注いできた。キャラクターモデリング、絵コンテ、レイアウト、アニメーション、コンポジットまで、アニメーションにおける全工程をデジタル技術を駆使して司る。

 岩井俊二監督の『花とアリス殺人事件』ではCGディレクターをつとめ、スタジオカラー・ドワンゴによる「日本アニメ(?ター)見本市」の短編『新世紀いんぱくつ。』で監督デビューを果たした。アニメーションの新たな表現を生み出す若手クリエイターのひとりとして、高く注目されている。

 現在は、博報堂グループ内のアニメーションスタジオとして、クリエイティブディレクター・古田彰一氏と、スタジオジブリ、プロダクション・アイジーでプロデューサーをつとめてきた石井朋彦氏を中心に2011年に設立された「クラフター」に在籍している。

 Huluオリジナル作品として制作される『ソウタイセカイ』は、2020年の日本を舞台に、主人公、狭間真(はざま・しん)のもとに、もうひとつのニホンから、別な人生を歩んできた「自分」がやってくることから、物語は始まる。変わるはずがないと思っていた日常に亀裂が入り、世界が一変した時、少年少女は何を想い、何を選択するのか。もうひとつの世界、もうひとりの自分との戦いを描く。4月28日より前編、5月5日より後編を配信。

■スタッフ
企画・原作…クラフター
脚本・監督…櫻木優平
キャラクター原案…PALOW.
コンセプトアート…友野るい
音楽…カワイヒデヒロ
CGIスタジオ…クラフター・ラッキーピクチャーズ
アニメーション制作:クラフター

■公式サイト
http://www.soutaisekai.jp/



関連写真

  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』を手掛ける櫻木優平監督。注目の若手クリエイターだ
  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』は前編4月28日より、後編5月5日より、動画配信サービス「Hulu」にて配信予定(C)ソウタイセカイ製作委員会
  • 櫻木優平監督『ソウタイセカイ』コンセプトアート(C)ソウタイセカイ製作委員会
  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』は前編4月28日より、後編5月5日より、動画配信サービス「Hulu」にて配信予定(C)ソウタイセカイ製作委員会
  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』は前編4月28日より、後編5月5日より、動画配信サービス「Hulu」にて配信予定(C)ソウタイセカイ製作委員会
  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』は前編4月28日より、後編5月5日より、動画配信サービス「Hulu」にて配信予定(C)ソウタイセカイ製作委員会
  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』は前編4月28日より、後編5月5日より、動画配信サービス「Hulu」にて配信予定(C)ソウタイセカイ製作委員会
  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』は前編4月28日より、後編5月5日より、動画配信サービス「Hulu」にて配信予定(C)ソウタイセカイ製作委員会
  • Huluオリジナル『ソウタイセカイ』は前編4月28日より、後編5月5日より、動画配信サービス「Hulu」にて配信予定(C)ソウタイセカイ製作委員会
タグ

オリコントピックス