• ホーム
  • 芸能
  • 土屋太鳳、亀梨和也は“松岡修造似”?「熱い心を持った方」

土屋太鳳、亀梨和也は“松岡修造似”?「熱い心を持った方」

 KAT-TUN亀梨和也、女優の土屋太鳳が25日、都内で行われた映画『PとJK』初日舞台あいさつに出席。初共演した亀梨について、土屋は「最初はクールだと思っていたけれど、お会いすると元気で優しくて面白くて。松岡修造さんに会ったときと同じような衝撃を受けました」と印象を明かすと、思わぬ名前の登場に会場から笑いが起こった。

【写真】その他の写真を見る


 続けて、「熱い心を持った方だなって感動しました。プロモーションを通して、その印象がもっと深くなりました。どんなときも励ましてくれるし、優しく叱ってもくれる」と感謝すると、亀梨は「『今日どうだ? 元気か?』。こんな感じですか?」と、何度も松岡の物まねを披露して盛り上げた。

 その後、亀梨との共演シーンを振り返った高杉真宙からも「緊張していて何度も失敗してしまったときに『気にしなくていいよ』って言ってくれたのがうれしくて。松岡さんみたいに熱かったです」と伝えられた亀梨は、「俺そんな(熱い)感じだった? 急に僕の思い出だけが変わっていく」と首をひねっていた。

 同作は、三次マキ氏原作の少女漫画を実写化。警官という立場上、未成年との交際の唯一の解決策として結婚することにした2人が、さまざまな困難に立ち向かいながら絆を深めていく。そのほか、玉城ティナ廣木隆一監督が出席した。



関連写真

  • 映画『PとJK』初日舞台あいさつに出席した土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)廣木隆一監督、高杉真宙、土屋太鳳、玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『PとJK』初日舞台あいさつに出席した土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『PとJK』初日舞台あいさつに出席した高杉真宙 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『PとJK』初日舞台あいさつに出席した玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『PとJK』初日舞台あいさつに出席した廣木隆一監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス