• ホーム
  • 芸能
  • ひつじのショーン、初の親善大使就任 イギリスと横浜の架け橋に

ひつじのショーン、初の親善大使就任 イギリスと横浜の架け橋に

 イギリス生まれの人気キャラクター「ひつじのショーン」が、同国と横浜市の架け橋となる「親善大使」に23日、就任した。2020年の東京五輪で横浜市がイギリス選手団のホストタウンに登録されたことを受け、19世紀の横浜開港以来ゆかりある英国の魅力をショーンが発信していく。

 同キャラクターを活用した自治体との連携協定は、今回が初。今後は広報活動としてウェブサイト、リーフレット、関連イベント(着ぐるみや制作物での参加)などにショーンが登場するほか、子どもたちにイギリスの食・芸術・スポーツ文化を知ってもらうためショーン自らが施設に赴くなどの企画を予定している。

 また、横浜市に点在するイギリスにゆかりある場所を巡り歴史を体験してもらう取り組みや、英国人技師の協力による横浜水道の歴史など、同市を訪れた人に横浜とイギリスの歴史的つながりを知ってもらう機会提供にも一役買う。

 「ひつじのショーン」は、発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー「ウォレスとグルミット」シリーズ第3作目となる短編映画『ウォレスとグルミット 危機一髪!』(1995年/英)に初登場したキャラクター、ショーンを主人公にした作品。日本ではNHK・Eテレで毎週土曜の午前9時から放送されている。



オリコントピックス