• ホーム
  • 芸能
  • トレエン斎藤、“恩人”柳沢慎吾と悲願の初対面

トレエン斎藤、“恩人”柳沢慎吾と悲願の初対面

 昨年は休みナシ、今やテレビで見ない日はない程の売れっ子へと成長した“斎藤さん”こと、お笑いコンビ・トレンディエンジェル斎藤司。しかしながら、これまでには相当の人生の辛酸を味わってきた。そんな半生を振り返り、斎藤が「自分を救ってくれた人」として名前を挙げたのはタレントの柳沢慎吾。テレビ東京の番組『芸能界ちょっとイイ話SP 私を救ってくれた人』(25日 前11:30〜後1:24)の企画で、柳沢への感謝の気持ちを手紙にしたため、直接届けに行くことになった。

 「人生最悪の時期だった」と語る十数年前のある日。高校2年の時に最愛の母が他界して以来、唯一心を開ける存在だった彼女にフラれ、涙が止まらずふさぎ込んでいた斎藤。そんなドン底のある日、テレビから流れて来た柳沢慎吾の声。そして、ある“6文字の言葉”を聞いた途端、なぜか笑いが込み上げ、気づけばあんなに流れていたはずの涙が止まっていたという。そして、この時、自分を救ってくれたお笑いの世界へ進むことを決意したと明かす。

 いまだ柳沢に会ったことがないという斎藤は、今回、ニセ番組の収録と偽って柳沢を呼び出し、待望の初対面を果たすことに。自身の原点であり人生の師匠でもある柳沢への感謝の手紙の内容は? 柳沢と初対面した斎藤のリアクションは?

 ほかにも、その昔、死を覚悟したデヴィ夫人が、自身を救った1通の手紙の送り主(年齢は90歳)と40年ぶりの再会を果たし、涙。最近は彼女もでき、仕事も絶好調の加藤諒は、仕事ゼロだった5年前に「絶対売れますよ、絶対」と自分を認めてくれた演出家に感謝の言葉を伝える。



関連写真

  • トレンディエンジェル・斎藤が“恩人”柳沢慎吾と初対面(C)テレビ東京
  • 3月25日放送、テレビ東京『芸能界ちょっとイイ話SP 私を救ってくれた人』(C)テレビ東京

オリコントピックス