• ホーム
  • 芸能
  • 『相棒15』最終回視聴率16.2% 前シーズン最終回より上昇

『相棒15』最終回視聴率16.2% 前シーズン最終回より上昇

 俳優・水谷豊主演のテレビ朝日系ドラマ『相棒season15』の最終回(第18話)が22日、午後8時から2時間スペシャルで放送され、平均視聴率が16.2%だったことが23日、わかった。前シーズンの最終回15.8%を上回る数字を残して、今シーズンを終えた。昨年10月から放送された今シーズンの全18回の平均は15.2%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 最終回は、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)の秘密が暴かれるという衝撃的な内容。その真相をめぐって、杉下右京(水谷)と相棒・冠城亘(反町隆史)の正義が対立。亘が「所詮、自己満足でしょう」と批判すると、右京は「想像が及ばないのならば、黙っていろ」としかりつけ、さらに亘が「右京さん、あなた、何様だ」と言い返す、ヒリヒリするようなやり取りも見られた。

 警視庁副総監・衣笠藤治(大杉漣)、息子の不祥事で降格処分になった警察庁長官官房付・甲斐峯秋(石坂浩二)、亘の元上司で法務省・法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明)ら“上層部”の思惑も波乱含みのまま、今シーズンは終了した。

■最近の『相棒』最終回と平均視聴率

『相棒7』(2008年10月〜09年3月)最終回19.5%/平均(19回)18.1%※亀山薫卒業
『相棒8』(2009年10月〜10年3月)最終回20.4%/平均(19回)17.9%
『相棒9』(2010年10月〜11年3月)最終回20.0%/平均(18回)20.3%
『相棒10』(2011年10月〜12年3月)最終回20.5%/平均(19回)16.6%※神戸尊卒業
『相棒11』(2012年10月〜13年3月)最終回20.7%/平均(19回)17.3%
『相棒12』(2013年10月〜14年3月)最終回19.6%/平均(19回)17.4%
『相棒13』(2014年10月〜15年3月)最終回20.3%/平均(19回)17.4%※甲斐享卒業
『相棒14』(2015年10月〜16年3月)最終回15.8%/平均(20回)15.3%



オリコントピックス