• ホーム
  • 芸能
  • 松本伊代、不起訴処分で改めて謝罪 ヒロミも「2人で一層気を引き締め」

松本伊代、不起訴処分で改めて謝罪 ヒロミも「2人で一層気を引き締め」

 タレントの松本伊代(51)が21日、自身のブログを更新。1月に京都市内の線路に立ち入った問題で21日、京都地検が不起訴処分(起訴猶予)としたことを受け、改めて謝罪した。夫のヒロミ(52)も22日未明にブログで松本の不祥事をお詫びした。

 松本は同日に処分が確定したこと報告し「今回の件で関係者の皆様には、大変なご迷惑をおかけしてしまい、また応援してくださってた皆様にもご心配をおかけし、本当に申し訳ございませんでした」とお詫び。さらに「今後は、更に気を引き締め行動して参りたいと思っております」としている。

 ヒロミも「この起訴猶予という事実をしっかりと受け止め、2人で一層気を引き締めて行動してまいります」とつづった。

 松本は1月13日、タレントの早見優(50)とともに読売テレビの番組ロケで訪れた京都市でJR山陰線の線路内に立ち入り写真を撮影、2月10日に鉄道営業法違反の疑いで2人とも書類送検された。松本は同日、送検を受けブログで謝罪している。



オリコントピックス