• ホーム
  • 音楽
  • 菅田将暉、6・7ソロ歌手デビュー「これまでにないワクワク」

菅田将暉、6・7ソロ歌手デビュー「これまでにないワクワク」

 1月に映画の劇中ユニット・グリーンボーイズとして歌手デビューした俳優の菅田将暉が、6月7日に今度はソロでデビューすることが21日、わかった。同日午後7時、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点5面ビジョンを一斉にジャックし、菅田がVTRでCDデビューすることを発表するとともに、デビュー曲「見たこともない景色」のミュージックビデオ(MV)を初公開した。

 au三太郎シリーズのサッカー応援ソングとしてテレビCMでも放送中の同曲は、熱い応援ソング。サッカー日本代表のアジア最終予選UAE戦を2日後に控えた21日昼頃、菅田が自身のツイッターで「今夜19時、とある場所にてとある映像を解禁します。みんなに見てもらえるかな」と呼びかけると、勘の鋭いファンらが渋谷駅前に集結。5つのビジョンで一斉にソロ歌手デビューが発表され、MVが流れると大歓声があがった。

 MVの中ではバックバンドを従え、ギター演奏を披露。また、「唄い続ける男」と「走り続ける男」を体現し、走り続けるシーンでは汗をかいて泥臭くても、もがき、苦しみ、必死にその先にある光に向かうひたむきさを訴えかけている。

 菅田はソロで音楽活動をしていくことについて「僕が音楽アーティストをやっていいのだろうか、そして僕に何ができるんだろうか? という思いはやはりどこかにあります」と率直に明かしつつも、「だけど、今の僕にしかできないことってきっとある気がしています。これまでにないワクワクする気持ちが生まれていて、音楽活動を自分自身が楽しみ、信じて、作品づくりをしていきたいと思います」と意気込んでいる。

 今後挑戦したいことは「シンプルにまずはライブをすること。アーティスト菅田将暉で立つステージはどんな景色なんだろうという思いは強い」と話す。「見たこともない景色」への一歩を踏み出した菅田は「自分の書いた言葉を、自分から出てくるメロディーで、自分で演奏してパフォーマンスできるようにするのが目標。僕にとってすごく大切なことを作って歌う。それが数人でも『これ俺の歌だ!』『私もそうだ!』って共感してもらう部分が生まれ、気づいたら一つにつながっていく、そういうことができたら本当にうれしく思います」と夢をふくらませている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 6月7日にソロ歌手デビューする菅田将暉
  • 菅田将暉デビュー曲「見たこともない景色」
  • 渋谷駅前スクランブル交差点の5つのビジョンをジャック

オリコントピックス