• ホーム
  • 芸能
  • 【直虎】阿部サダヲ、13歳の役も違和感なし「印象に残る家康像をつくりたい」

【直虎】阿部サダヲ、13歳の役も違和感なし「印象に残る家康像をつくりたい」

 NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で、松平元康(徳川家康)を演じている阿部サダヲ(46)。主人公たちの子ども時代から物語が始まった同ドラマは、子役たちの熱演で話題になったが、その中で異彩を放っていたのが、阿部が演じた竹千代(元康の幼名)だった。「まさか大河ドラマで家康を、それも13歳から演じることになるなんて、夢にも思っていませんでした」。実生活では13歳の子どもの父親でもある阿部に、13歳の少年を演じた感想を聞いた。

【写真】その他の写真を見る


 「純粋な気持ちで13歳の子どもを演じることにしました。スズメとおしゃべりしているシーンがあったのですが、本物のスズメで撮影するのは大変だったんです。なつかないし、じっとしていないし。そんな中、頭をなでたらじっとしてくれた時があって、撮影しながらすごくうれしかったんですが、その後、モニターで映像を観たら、うれしさのあまり油断したのか、46歳のおじさんの顔になっていました(笑)。

 でも、大人の役者が13歳を演じるって大河ドラマでは珍しいことではないですし、僕が13歳の竹千代を演じられるのも大河ドラマでしかありえない。ほかの現代劇のドラマではできないですよね(笑)。舞台作品では普通に小学生役をやるので自分では違和感はなかったです。脚本家の森下佳子さんが元康のことをちょっと面白い人として描いてくださっているので、台本どおり、楽しく演じています。結果的に、視聴者の皆さんにもクスッと笑っていただけているのかな。だったらいいな、と思います」

 元康は「桶狭間の戦い」に今川方の先方として参戦するが、今川義元が討ち死にした報せを聞き、尾張を脱出して岡崎に帰還(第9回)。織田信長と結んで今川家に反旗を翻した(第10回)。これを機に西三河の国衆は続々と今川から離反。元康は三河の平定に邁進することになる。いまは「三河のぼんやり」と称されている元康だが、やがて、天下統一への野心が出てきた時に、どう変わるのか、阿部がどう演じるのか、今後の見どころの一つになりそうだ。

 阿部は「家康といえば戦好きな戦国武将という印象でしたが、このドラマで元康を演じて、戦がやりたくてやっていたわけじゃないのかな、と思うようになりました。視聴者の中にも、家康に対するイメージが変わる人いればいいなと思います。誰もが知っている武将でもあるので、その武将を演じた俳優として名前が残るのはすごく光栄。印象に残る家康像をつくりたい、と思っています」と“野心”を覗かせていた。

 19日放送の第11回「さらば愛(いと)しき人よ」では、元康の正室・瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、元康からの使者が到着する。桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になっていた。ある日、次郎法師のもとに、元康からの御礼の品が届く。直親は今川家と手を切り、元康と手を組むことを決意する。ついに元康との密会を果たす直親だったが…。



関連写真

  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』金ピカのよろいで目立ちまくりの松平元康(阿部サダヲ)(C)NHK
  • スズメをてなづける“ちょっと変わった子”(C)NHK
  • 戦国時代に金ピカよろいは実在したそうです(C)NHK
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』第11回より。次郎法師(柴咲コウ)のもとに、元康からお礼の品が届く(C)NHK
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』第11回より。今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になっていた (C)NHK
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』第11回より。次郎法師(柴咲コウ)、佐名(花總まり)、瀬名(菜々緒)、石川数正(中村織央) (C)NHK
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』第11回より。元康からのお礼の品とともに、文が届けられた。次郎法師と直親(三浦春馬)(C)NHK

オリコントピックス