• ホーム
  • 芸能
  • “ミス・ワールド”田中道子、月9初出演「伸び伸びと演じさせていただけたら」

“ミス・ワールド”田中道子、月9初出演「伸び伸びと演じさせていただけたら」

 ミス・ワールド2013日本代表で女優の田中道子(27)が4月17日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)で“月9”初出演を飾ることがわかった。ドラマ出演は昨年の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第4シリーズ以来2作目となり、ドラマオリジナルのキャラクターとなる鑑識・冬樹和泉(ふゆき・いずみ)を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 今回で30周年を迎える月9枠で放送の同ドラマは、人気グループ・相葉雅紀が主演。麻耶雄嵩氏による本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』(いずれも集英社文庫刊)を原作に、探偵を趣味としている謎に包まれた主人公の貴族が、一切の推理を「雑事」と言い放って召使いに任せながら優雅に謎を解くという、異色のミステリー作品。

 冬樹は事件が発生すると、いの一番に駆けつけ、状況を分析し証拠を採取する重要な役どころであり、凄惨(せいさん)な現場ほど燃え、不思議な遺体をみるとワクワクするという役どころ。『ドクターX』では“ポスト菜々緒”とも呼ばれるほど持ち前の美貌とスタイルで魔性の女っぷりを発揮したが、今回も他の登場人物に負けず劣らず超個性的なキャラクターで物語に彩りを添える。

 田中は「昨年女優としてデビューし、2作品目には月9『貴族探偵』に出演させていただけること、本当に光栄に思います」と恐縮しながらも「今回の月9ドラマは、今までとは一味違った作品で、出演するキャストも豪華で個性豊かな方々ばかりで仕上がりが今から楽しみです。私が演じる冬樹和泉はとにかく変わった女性で、普段の私とは似ても似つかない性格をしているのでうまく演じられるか少し不安もありますが、共演する皆様の胸を借りて伸び伸びと演じさせていただけたらうれしいです」と呼びかけている。

 羽鳥健一プロデューサーは冬樹について「黙々と繊細な作業が必要とされる仕事ですが、ここに容姿端麗で、仕事は抜群にできるけれど、ちょっとぶっきらぼうというギャップを持ったキャラクターを擁することで、間抜けな捜査一課の鼻形刑事だけでなく、キャラの立った各登場人物とのやり取りに意外性やユーモアを創出していきたいと考えています」と役割を説明。田中の印象を「華麗な肩書や麗しい容姿とは裏腹な体育会系的な肝の据わり具合、そしてまだ経験の少ない女優という仕事に対する熱意と本気度合を強く感じ取りました」と明かし、「鑑識・冬樹和泉を演じていただいたら、面白いことになるな」と自信をみせている。



関連写真

  • フジテレビ系連続ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)に出演する田中道子
  • フジテレビ系連続ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)に出演する田中道子

オリコントピックス