• ホーム
  • 芸能
  • 星野源、“薬物前科者”役でWOWOW初主演「最もだらしなくてダメな人」

星野源、“薬物前科者”役でWOWOW初主演「最もだらしなくてダメな人」

シンガーソングライターで俳優としても活躍する星野源が今夏スタートの『連続ドラマW プラージュ』(毎週土曜 後10:00※全5話)でWOWOWドラマに初主演することがわかった。昨年、大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)では恋に奥手なサラリーマンを好演した星野だが、今回は軽い気持ちで覚せい剤に手を出し「前科者」になってしまった主人公に起用。「自分が演じる登場人物史上、最もだらしなくて好きになれない役」という星野だが、原作者の作家・誉田哲也氏は「穏やかで優しそうな雰囲気は…あまりいい言い方ではないかもしれませんが、主人公の貴生にぴったり」と太鼓判を押している。

同ドラマはさまざまな過去を背負い居場所を失った厄介者たちが何かに引き寄せられたか...

この記事の画像

  • 星野源が主演するWOWOW『連続ドラマW プラージュ』場面カット (C)WOWOW
  • 『プラージュ』誉田哲也(幻冬舎刊)

オリコントピックス