• ホーム
  • 芸能
  • ケンコバ、ノンスタ井上をイジり倒す 謝罪会見は「0点ですね!」

ケンコバ、ノンスタ井上をイジり倒す 謝罪会見は「0点ですね!」

 お笑いタレントのケンドーコバヤシが15日、都内で行われたNetflixとマーベル・コミックス共同製作のオリジナルドラマシリーズ『アイアン・フィスト』日本最速限定試写会の前に囲み取材に出席した。今月7日に行われたNON STYLE・井上裕介の謝罪会見について「0点ですね!」とバッサリ。「バリッバリに日焼けしてアロハシャツでこいって言ったのに何一つ守ってない。せっかく相手の人が許してくれてんねんからって。俺の声は届かなかった」と終始、悪ノリしまくった。

 登場してすぐ、カメラを前に長々とお辞儀をして、2丁拳銃の川谷修司から「井上か!」とツッコまれるなどイジる気満々のケンコバは、報道陣から「会見は観られましたか?」と聞かれ「小久保監督ですか?」「次長課長の井上?」とボケまくり。「(謹慎中には)俺には連絡一切とらなくて、アッコさん(和田アキ子)にばっかり連絡とって!」とクレームを入れた。

 さらに止まらないケンコバは「帰ってきたらパワーボムが待ってます。パワーボムを決めて世田谷通りの若林交差点近くの仏壇屋の前に落としてやります」と事故現場までもネタに。復帰の話題になると「俺がさせません。俺のパワーボム受けてからようやく復帰です」といい「一部うわさではフジテレビの『逃走中』じゃないかと言われてます。逃げ切って100万円もらって大バッシングくらうのがいいと思う」と提案して、同席したなだぎ武、バッファロー吾郎の竹若元博らを苦笑させていた。



関連写真

  • ケンドーコバヤシ (C)ORICON NewS inc.
  • 『アイアン・フィスト』日本最速限定試写会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス