• ホーム
  • 音楽
  • 波瑠主演ドラマ主題歌に謎のロックバンド「神様、僕は気づいてしまった」起用

波瑠主演ドラマ主題歌に謎のロックバンド「神様、僕は気づいてしまった」起用

 4月18日よりスタートするTBS系連続ドラマ『あなたのことはそれほど』(毎週火曜 後10:00)の主題歌に新人ロックバンド「神様、僕は気づいてしまった」のメジャーデビュー曲「CQCQ(シーキュー、シーキュー)」が起用されたことがわかった。

 同ドラマは人気漫画家・いくえみ綾氏による原作をもとに“2番目にすきな人”と結婚した主人公・渡辺美都(波瑠)と彼女を一途に愛し続ける夫・涼太(東出昌大)、そして美都と偶然再会する初恋相手・有島光軌(鈴木伸之)とその妻・麗華(仲里依紗)が織りなすいびつな四角関係を描いた大人のラブストーリー。

 「神様、僕は気づいてしまった」は、プロフィール不明、CD未リリース、ライブも行ったことがないにもかかわらず、昨年11月28日に投稿した初MV「だから僕は不幸に縋っていました」が、YouTubeでの再生回数50万回を突破するなど注目を集めており、今回の「CQCQ」で5月31日にメジャーデビューすることも決定した。

 同バンドの曲を初めて聞いたときから「強烈なインパクトと凄みを感じ、一度聴いたら忘れられない印象的なメロディーでした」と語る佐藤敦司プロデューサーは、ドラマの内容をふまえ「予測不可能な恋愛を疾走感あふれる感情でストレートに表現していただけると確信しお願いさせていただきました。感情移入しやすいメッセージ性の高い主題歌が出来上がったと思います!」と自信を込めた。

 作詞作曲を担当するメンバーの東野へいと(Gt.)は「人々の営みとは、四方八方の景色の先に何が待っているのかわからず、それ故に自分が正しい航路を歩んでいるのか、そもそも暗車は動いているのか五里霧中である事の連続です。人生って、大海原にただ一人で放り出された遭難者の航海日誌とでも呼ぶにふさわしいんじゃないか。脚本を拝見しながら、そういった胸中にある蟠(わだかま)りの正体に気が付き、この度は『あなたのことはそれほど』の主題歌を書かせていただいた次第です」とコメント。

 波瑠は楽曲を聞き「とても疾走感のある曲で、目の前の憧れに突っ走り加速して行く主人公の想いが表現されているようでした」と感想を明かし、「中性的な声の響きも引き込まれます。この素敵な楽曲と一緒に3カ月走り抜けたいと思います」と全力投球を誓っている。



オリコントピックス