• ホーム
  • 芸能
  • 新井浩文“怪物”綾野剛の相談相手に 光石研&柄本明も出演

新井浩文“怪物”綾野剛の相談相手に 光石研&柄本明も出演

 俳優の新井浩文が4月からスタートする日本テレビ系連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』(毎週日曜 後10:30)に出演することが、わかった。あのフランケンシュタイン博士が生み出した恐ろしい怪物(綾野剛)が大好きなラジオ番組のお悩み相談担当するレポーターとして彼の恋の良き相談相手になっていく…という役どころに起用された。このほか、俳優・光石研柄本明らバイプレーヤーたちも出演し、物語に深みを与える。

【写真】その他の写真を見る


 綾野演じる100年前、ある事件をきっかけに生み出された“怪物”は、一見人間に近い外見だが、永遠の命を持ち人間とはかけ離れた肉体とパワーを持つ生き物。ユニークで、キュートで、優しくて誰よりも人間らしく、いつか人間として暮らすことを夢見てきた。ある日、怪物は偶然出会ったリケジョの津軽さん(二階堂ふみ)と恋に落ちるが、彼の体にはある秘密があり、決して人間に触れることができなかった…。

 すでに発表されているキャストとして綾野、二階堂のほかに、怪物の世話を焼き友情を育みながらも津軽さんへの恋心に葛藤する稲庭くん役に柳楽優弥、稲庭くんの父に拾われて大工職人として育てられた“元ヤン”少女で稲庭くんに恋する室園美琴役には川栄李奈。

 稲庭くんの父で工務店の社長・稲庭恵治郎役を光石が演じる。腕のイイ、人情味あふれる職人気質の人間で、居場所のない人間を拾ってきては、職人に育ててあげたりしているという人物。そして津軽さんと稲庭くんが通う農学部の担当教授で怪物を研究していく鶴丸十四文博士として柄本が脇を固める。怪物の細胞を使えば、多くの人間の人間の寿命を延ばしたり、障害をなくしたり「死のない世界」も手が届くかもしれないが…。怪物と周囲の人々が笑って泣ける愛の物語を紡いでいく。



関連写真

  • 日本テレビ系ドラマ『フランケンシュタインの恋』に出演する新井浩文 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系ドラマ『フランケンシュタインの恋』に出演する光石研 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系ドラマ『フランケンシュタインの恋』に出演する柄本明 (C)日本テレビ

オリコントピックス