• ホーム
  • 芸能
  • 大杉漣『嘘の戦争』撮影の合間に草なぎとギターセッション

大杉漣『嘘の戦争』撮影の合間に草なぎとギターセッション

 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『嘘の戦争』(毎週火曜 後9:00)は、残すところあと2回。きょう7日に第9話(15分拡大)が放送されるのを前に、俳優の大杉漣が撮影中の様子を明らかにした。

【写真】その他の写真を見る


 大杉によると、「待ち時間に彼(草なぎ剛)は必ずギターを持っているので、『STAND BY ME』など、3曲くらいセッションしました。それと今度一緒にギターショップに行こうねと約束しました」。

 草なぎ主演“復讐シリーズ”第2弾である同ドラマは、30年前に家族を殺され、「犯人を見た」と言っても嘘つきと呼ばれて信じてもらえず、事件も無理心中として片付けられてしまい、いつしか天才詐欺師となった一ノ瀬浩一の復讐物語。

 第8話では、興三(市村正親)への復讐を遂げるため、婚約までした山本美月)にも、浩一の正体がバレてしまう。そして30年前の家族を殺された事件の証拠を恩人の三瓶守(大杉蓮)が隠し持っていた事実も判明、激高した浩一が守に復讐を誓うところで物語が終わった。

 前回の放送終了後、思わぬ方向に話が進んだことから、「怒りで紅潮した浩一の顔、一生忘れません」、「本当は優しい浩一を見ていると苦しい。最終回直前ということでますます目が離せない」、「まさか園長にも復讐するのか…しないで欲しい」など、SNS上でも話題になっている。

 今夜放送の第9話では、守への復讐のため、いまは疎遠で、結婚を控えている守の一人娘・由美子(国仲涼子)に浩一が接触し、罠を仕掛ける。



関連写真

  • 大杉漣(C)関西テレビ
  • 国仲涼子(C)関西テレビ
  • 山本美月(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系で放送中のドラマ『嘘の戦争』第9話(3月7日放送)より(C)関西テレビ

オリコントピックス