• ホーム
  • 芸能
  • 『タラレバ娘』インスタ好評の裏側 キャストメイン、1日1投稿…

『タラレバ娘』インスタ好評の裏側 キャストメイン、1日1投稿…

 日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜 後10:00)の公式インスタグラムが、フォロワー数21万8000人(5日現在)と1月期に放送されているプライム帯ドラマでは1位となっている。1日、1枚づつ投稿される写真はすべてにキャストが写り、舞台裏の和気あいあいとした雰囲気を感じさせるものが多い。番組平均視聴率も7話まですべてで2桁キープと安定した支持を集めるなか、撮影、投稿をほぼ一人で担当している田端綾子アシスタントプロデューサーがその裏側について語ってくれた。

 21万8000人という数字は、これまでの日本テレビ史上2位(2016年1月期以降)、ちなみに1位は作年10月期『地味にスゴイ!』(最終フォロワー数約32万人)。現在放送されているドラマのなかでは2位がTBS『カルテット』で11万7000人、3位が『A LIFE〜愛しき人〜』で3.2万人と大きく差をつけている。

 田端氏は意識している点として「風景やモノに頼らず、必ずキャストの写真を載せるようにしていること。そして、ここでしか見れない組み合わせや特別感を出すようにすることです。サイレントモードで不意打ちを狙ったり、喋りながらとることでリラックスした表情を狙っています」と挙げる。

 例えば、4万6000件のいいね!と300件以上のコメントがついた坂口健太郎鈴木亮平の“顔交換”ならぬ“キャラ交換”写真。鈴木演じる温和なドラマプロデューサー・早坂と坂口が演じるクールで辛辣なKEYのキャラを入れ替えたようなショットは、インスタでしか見れない“特別感”がある。もう1枚、坂口が主人公・倫子(吉高)の前で体育座りして満面の笑みを浮かべる写真も、4万超えのいいね!とこちらも大人気。

 坂口、鈴木、田中圭平岡祐太速水もこみちなどの多種多様なイケメンたちも登場する同ドラマだけに「インスタグラムの利用者である女性ターゲットにメインの女優たちはもちろん、男の人も満遍なく写るようにしています。かっこいい表情はもちろん、かわいい表情を狙っている」と田端氏。前述の坂口のソロショットは、「役柄ではKEYとしてクールなイメージな坂口さんですが、現場にいると気さくで優しい。坂口さんのかわいらしいところを写真に載せたいと思って撮った1枚です」とこだわりを明かす。

 また大きな特徴として挙げられるのが長い、長すぎる投稿文。ほぼ文章のような文言に10数個のハッシュタグを並べている。田端さん自身が“独身アラサー”のまさに『タラレバ娘』であることから「きっとタラレバ世代が見たらこういうことを思うんじゃないかな?と、写真を見て思ったことをつらつら書いています」と等身大の目線から書き込んでいる。坂口と平岡がギターを抱えた2ショットには「#混ぜて下さい」「#土下座」などまるで友人の投稿のようで親近感がわかないこともない…?

 この他にも毎話、違ったカットが組み込まれるオープニングは放送翌日、放送直後には次週予告も忘れずにまるごとアップ…と地道な宣伝活動も。もちろんドラマは内容で勝負が大前提としても、こういった俳優の素の表情は見ていて和やかな気持ちになるし、興味が湧きやすい。昨年大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』も現在でフォロワー数は驚異の45.3万超え。こういった試みが今後、人気ドラマを生み出すためには必須条件になるかもしれない。

公式Instagram
https://www.instagram.com/tarareba_ntv/



オリコントピックス